西島秀俊と佐々木蔵之介が激突!「空母いぶき」新予告公開

西島秀俊と佐々木蔵之介が激突!「空母いぶき」新予告公開

  • 映画.com
  • 更新日:2019/03/22
No image

真っ赤に染まる空母いぶきが描かれたポスター (C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/「空母いぶき」フィルムパートナーズ

西島秀俊佐々木蔵之介の共演で累計500万部突破の人気漫画を映画化する「空母いぶき」の新予告が公開された。

「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじ氏原作の漫画を、「沈まぬ太陽」などの若松節朗が監督を務め実写化。国籍不明の軍事勢力から攻撃を受けるなか、それぞれの立場で国民の命と平和を守るため奔走する者たちの1日を描く。西島が空母いぶき艦長の秋津竜太、佐々木が副長の新波歳也を演じているほか、本田翼小倉久寛高嶋政宏玉木宏戸次重幸市原隼人中井貴一佐藤浩市ら豪華キャストが集結した。

予告は、日本が侵略を受けた状況下、極度の緊張におそわれる秋津(西島)、新波(佐々木)らの姿を収めている。対応をめぐり口論する秋津と新波のシーンや、取材目的で空母いぶきに乗艦していた記者の本多裕子(本田)、究極の選択を迫られることになる垂水内閣総理大臣(佐藤)を中心とする政府ら、戦後最大の危機に立ち向かう人々の姿が映される。

本作を鑑賞した原作者のかわぐち氏は「原作以上に秋津と新波が自衛官としてクッキリ描かれていて、国を守るとはどういうことかというテーマが2人の確執を通して浮び上ってくる」と絶賛している。

あわせて披露されたポスターは、真っ赤に染まる空母いぶきを背景に、西島、佐々木、本田らキャストが並んだデザイン。「運命の、24時間。」というコピーと共に、人々の緊張状態が表現されている。

空母いぶき」は5月24日から全国公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
片寄涼太&橋本環奈W主演で“格差恋”描く『午前0時、キスしに来てよ』映画化決定
「キングダム」原作・原泰久氏、山崎賢人に太鼓判「原作よりも魅力的」
片寄涼太&橋本環奈W主演! 『午前0時、キスしに来てよ』映画化決定
ガチレビュー:実写映画『キングダム』にどうしても集中できなかった3つの理由
橋本環奈、夢見がちな“むっつり”JK役挑戦 『午前0時、キスしに来てよ』映画化で片寄涼太に恋焦がれる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加