香川真司が振るった攻撃のタクト。ドルト、“新布陣”で “DNA”復活の兆し

香川真司が振るった攻撃のタクト。ドルト、“新布陣”で “DNA”復活の兆し

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/12/07
No image

ドルトムントのMF香川真司【写真:Getty Images】

早々に2失点を喫してしまったドルト

12月7日、UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第6節が行われ、香川真司の所属するボルシア・ドルトムントは同大会2連覇中のレアル・マドリーに挑み、2-3で敗れた。結果として敗戦となってしまったものの、BVBは3-4-3の新布陣で奮闘。不振からの脱却へ、光がさしてきたかもしれない。(文:本田千尋)

——————————

何も掴めなかったのだろうか。12月6日、チャンピオンズリーグのグループH第6戦を戦うために、サンティアゴ・ベルナベウへと乗り込んだボルシア・ドルトムント。対レアル・マドリー戦で、ピーター・ボス監督が選んだ布陣は[3-4-3]だ。

4日前のレバークーゼン戦を1-1のドローに持ち込んだ“新布陣”。前試合とは変わって、右のウイングバックにはCBが本職のマルク・バルトラを配置し、ダブルボランチにはヌリ・シャヒンと並んで8番タイプのマハムート・ダフートを起用。

比重をやや後ろに置きながらも、攻撃に転じることを忘れたわけではない、そんな指揮官の姿勢が垣間見える。香川真司は先発出場。クリスティアン・プリシッチと並んで、2シャドーの左に入った。

レアルがボールを持つと、左右両ウイングバックがDFラインまで下がり、2シャドーもダブルボランチの両脇に下がることで、[5-4-1]の守備組織を整えたドルトムント。慎重にゲームを運ぼうとしたその矢先、8分に先制点を奪われてしまう。

左サイドからクリスティアーノ・ロナウドがカットインして突き進むと、ペナルティエリアの中へパス。走り込んだイスコが触って落としたボールを、ボルハ・マジョラルに詰められる。その4分後にはロナウドにミドルシュートを突き刺され、早くも2失点目。15分も経たないうちに、敗色のムードが漂う。

だがBVBは、そのまま引き下がらなかった。20分が過ぎてしばらくすると、アウェイチームがボールを回して攻め始める。25分には、香川が左サイドを上がるラファエル・ゲレイロにパスを送る。

ゴール前へ走り込むピエール=エメリク・オーバメヤンに、ポルトガル代表SBがダイレクトで折り返して、あわやのチャンスを演出。プリシッチは持ち味のドリブルで仕掛けていく傾向があったため、実質的には香川1人が10番として攻撃のタクトを振るった。

レアル相手の一戦で2点ビハインドから一時は同点に

27分には、プリシッチからのパスを、エリアの中で受けてシュートを打つなど、「最高のトライをしたい」と語っていたとおり、背番号23は積極的に得点も狙いに行った。

再びレアルの時間帯を凌ぐと、43分には、ボールを奪取して左サイドを上がったマルセル・シュメルツァーの鋭いクロスを、オーバメヤンがダイビングヘッドで押し込む。1点を返した。

さらに後半に入って48分、ヌリ・シャヒンの縦パスを、香川が右足ヒールでエリア内にのオーバメヤンに送る。エースFWのシュートは1度はGKに防がれるが、転がってきたボールをチップキックで冷静に決めて、同点に追いつく。ベルナベウで意地を見せた。

するとドルトムントは、“失われつつあったDNA”をピッチの上に示していく。プレッシング、ゲーゲンプレッシングによって、試合のリズムを生んで行った。布陣は[4-3-3]から[3-4-3]に変わったが、守備時には[5-4-1]でしっかりとしたブロックを築くことで、連動したプレスが復活し、さらにはボールロスト時の守備意識が高まったようだ。

81分にルーカス・バスケスにミドルシュートをねじ込まれたため、ドローで終えることはできなかったが、サンティアゴ・ベルナベウでBVBは、自分たちのサッカーをまた少し改善することができたようだ。

調子が良くないとは言え、レアルに2点のリードを許しながらも、一旦は追い付いたことは、評価されて然るべきだろう。

グループHを3位で終えたドルトムントは、ヨーロッパリーグの決勝ラウンドに回ることになった。“新布陣”の中での、“DNA”の復活―――先に繋がる何かを掴むことができた、レアル戦だった。

(文:本田千尋)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ガットゥーゾ新監督が待望の初勝利!ボナベントゥーラ2発でミランは4試合ぶりの白星
アーセナルが最後の一押し...エジル残留に向けて新オファー提示へ
大迫所属ケルン、2部降格は不可避? 新取締役「奇跡が起きなければ...」
本田がクラブW杯初出場&勝利に持論を展開 「こんなに内容がどうでもいい大会はない」
別メニューの遠藤に代わり先発か...浦和DF森脇「自分が出てもやれるところを見せたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加