「思ったよりカズレーザーに似てた」『ブラッククローバー』にカズレーザー激似のキャラクターが登場、ネットで話題に!

「思ったよりカズレーザーに似てた」『ブラッククローバー』にカズレーザー激似のキャラクターが登場、ネットで話題に!

  • おたぽる
  • 更新日:2016/11/30
No image

11月28日に発売された「週刊少年ジャンプ」(集英社)52号。この号のある作品に大人気のお笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザーが登場していたと話題になっている。

話題の作品は『ブラッククローバー』(作:田畠裕基/集英社)。主人公・アスタとファナの闘いに決着がついたようで、場面は別の場所へと移り変わる。そこにはダイヤモンド王国の大軍の前に一人立ちはだかるファンゼルの姿が。

この勇ましい姿をあざ笑ったダイヤモンド王国側のキャラクターこそ“カズレーザー”(っぽい男)たっだのだ。明るい髪の色に、前髪をサイドに流したヘアセット。下がり気味の眉毛に、細い眼、ヘラヘラとした表情はまるでカズレーザーそのもの。

ネットでも今回の“カズレーザー”の登場に「ブラッククローバーの敵側にカズレーザーみたいな人がいる」「ブラッククローバーに痩せたカズレーザーいません?」「思ったより45倍ほどカズレーザーに似てた」「敵がカズレーザーに見えて集中できないw」と続々と指摘の声が上がっている。

実は、このキャラ自体は以前から微妙に出ていたのだが、名前も明かされておらず、わかることと言えば八輝将の一人ということだけだった。だが今回で名前がラドロスと判明、さらに台詞も多く用意され、ちょっとしたバトルシーンもあったため、いつにも増して注目を集めたようなのだ。

マンガに登場するキャラクターを、実在の人物をモデルにして作成されること自体はよくあることで、有名なところでは『ONE PIECE』(作:尾田栄一郎/集英社)だと、赤犬は菅原文太、青雉は松田優作、黄猿は田中邦衛、藤虎は勝新太郎なんて言われているし、『アイアムアヒーロー』(作:花沢健吾/小学館)の中田コロリはラーメンズの片桐仁、といったものがある。

ただ、考えてみればカズレーザー自身も、マンガ『コブラ』(作:寺沢武一/集英社)のコブラをリスペクトし、金髪で赤い服装をしている。『コブラ』はもともとは「ジャンプ」で掲載されていたマンガなので、今回のラドロスは「ジャンプ」のセルフカバーともいえなくもないかも?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
朝井リョウ氏が絶賛! 『超展開バレエマンガ 谷ゆき子の世界』バレリーナを目指して滝に打たれる?
ミュージカル「王家の紋章」再演、プリンセス読者限定で先行予約を実施
ねむようこ「三代目薬屋久兵衛」最終回がFYに、羅川真里茂らの食エッセイも
Pixiv発の衝撃作! 監禁、調教、友人の怪死...。優等生の女子高生に秘められた異常性は愛となり、常軌を逸した大事件に―。『鈍色プラネタリウム』が遂に書籍化!
シモダアサミ「あしながおねえさん」年上のお姉さんがつなぐ、家族の絆の物語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加