(中国)上海総合指数は売り先行もプラス圏回復、元上昇などが支援材料

(中国)上海総合指数は売り先行もプラス圏回復、元上昇などが支援材料

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/18
No image

株式会社フィスコ

18日の上海総合指数は売り先行。前日比0.16%安の3037.40ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時45分現在、0.06%高の3043.08ptで推移している。人民元の対米ドル仲値が元高に設定されたことが支援材料。また、前日に急落した上海B株指数が反発してスタートしたことも好感されている。一方、指数の上値は重い。7-9月期の成長率があす19日に発表される予定となり、慎重ムードが強い。

<ZN>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
「在宅勤務はちょっと時期尚早...」などとお考えの日本企業の皆様へ
【ロサンゼルスモーターショー16】メルセデス マイバッハ に カブリオレ...300名の顧客のために
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
ニッポンの自動車史に名を刻んだオモシロ軽自動車大集合!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加