仏代表デビューのエンゾンジ、プレミア復帰願望を明かす「愛している」

仏代表デビューのエンゾンジ、プレミア復帰願望を明かす「愛している」

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/11/14
No image

先日のウェールズ戦で代表デビューを果たしたエンゾンジは将来的なプレミアリーグ復帰願望を明かした [写真]=Getty Images

セビージャに所属するフランス代表MFスティーヴン・エンゾンジが、将来的にプレミアリーグに復帰する可能性について言及した。スペイン紙『エスタディオ・デポルティボ』がインタビュー内容を伝えている。

2日にフランスサッカー連盟(FFP)が発表した、国際親善試合に向けたフランス代表メンバー24名に名を連ね、同代表初招集となったエンゾンジ。

近年、評価を高めるエンゾンジは2009年にブラックバーンに加入し、その後ストークへと活躍の場を移した同選手は新天地で評価を高め、2015年にセビージャへとステップアップを果たした。

今夏には母国の強豪パリ・サンジェルマンが獲得に乗り出すなど、さらなるビッグクラブへの移籍の噂が絶えないエンゾンジだが飛躍を遂げたプレミアリーグに特別な思い入れがあるようだ。

「僕はプレミアリーグを愛している。イングランドのサッカーが本当に好きなんだ。あそこは僕が選手として飛躍を遂げた場所だからね。とても素晴らしい時間を過ごしたよ。将来的には何が起こるかわからないんだ」

将来的なプレミアリーグへの復帰願望を明かしたエンゾンジは、先日のウェールズ戦で果たした自身の代表デビューについても触れ「代表デビュー? セビージャで僕はいいプレーをしていると感じているけど、メンバーには質の高い選手が多い。もし代表チームに選出されなくても文句は言えないんだ。多くの優秀な選手たちとの競争があるからね」と、自身のプレーに手応えを感じながらも、謙虚な姿勢を示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ベンゼマのロシアW杯フランス代表入りは? 国内世論は反対多数、元エースの復帰問題
<サッカー>W杯予選敗退国を招待する「裏W杯」開催?なぜ中国は招待されないのか―中国ネット
後半立ち上がりの2失点目を悔やむ香川「メンタル的にそこで...」
首都決戦  両チームが犠牲者に
“伝統の一戦” 注目の先発発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加