日経平均は32円高で後場スタート、売買代金上位ではメガバンクが下げに転じる

日経平均は32円高で後場スタート、売買代金上位ではメガバンクが下げに転じる

  • FISCO
  • 更新日:2016/11/30
No image

株式会社フィスコ

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;18339.80;+32.76TOPIX;1471.30;+2.73

[後場寄り付き概況]
日経平均は前引け値から若干上げ幅を広げて始まった。ランチタイムの225先物は
18320-18350円辺りでのもち合いが続いていた。昼のバスケットは小幅に売り越しとの観測。円相場は1ドル112円80銭辺りと、再び円安に振れて推移している。セクターでは電力ガス、証券、建設、ガラス土石がしっかり。半面、鉄鋼、非鉄金属、パルプ紙、医薬銀、石油石炭が冴えない。規模別指数では大型株指数のみがマイナスに転じている。売買代金上位では、メガバンクが下げに転じてきている。

<WA>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「極ZERO」酒税騒動を振り返る 発泡酒? 第3のビール?
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
トヨタ「ルーミー・タンク」1カ月で3万5000台受注
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
ユニクロに1年潜入取材してみた!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加