「住みます芸人」ぺんぎんナッツも登場!内堀知事、笑いのパワーで「新しい福島ファン」獲得に期待『福島県・吉本興業株式会社 包括連携協定締結式』

「住みます芸人」ぺんぎんナッツも登場!内堀知事、笑いのパワーで「新しい福島ファン」獲得に期待『福島県・吉本興業株式会社 包括連携協定締結式』

  • OWARAI FAVCLIP
  • 更新日:2016/11/30
No image

【情報提供元:よしもとニュースセンター】

11月30日(水)、福島県福島市にある福島県庁にて、『福島県・吉本興業株式会社 包括連携協定締結式』が行われ、内堀雅雄福島県知事、吉本興業の大﨑洋代表取締役社長、長沢広明復興副大臣、福島県の「住みます芸人」ぺんぎんナッツが登壇しました。

No image

今回、福島県と吉本興業は、相互に連携を図り、東日本大震災からの復興及び地域活性化を図るため、「包括連携協定」を締結。
吉本興業にとって、こうした包括連携協定締結は、都道府県では北海道に続いて2件目となります。

締結式では協定の概要が説明されたのに続き、内堀知事と大﨑社長が協定書へ署名。フォトセッションの間には、長沢広明復興副大臣が「面白くなくても、よしもとの社長になれるの?(笑)」と声を掛けるなど、終始和やかなムードで進行しました。

No image
No image

内堀知事は、今年1月に開設した「福島よしもと」など、吉本興業が県内で行ったこれまでの活動に感謝を述べつつ、風評と風化の2つの逆風に立ち向かっている福島にとって、国内外で幅広い世代の「新しい福島ファン」を獲得したいという強い気持ちを吐露。
そして、「吉本興業さんの斬新なアイディア、豊富なネットワーク、何よりも笑いのパワーをお借りしながら、国内外の多くの方々に発信していきたいと考えております」と期待を寄せました。

No image

続いて大﨑社長は、「風評、風化が心配。特に大阪、関西の方たちが温度が低い」という実情を内堀知事から聞き、「関西のよしもととしましては恥じるばかりで、私ども阪神・淡路大震災を経験していまして、もっと実感を持って取り組まなければならないと思っております」とコメント。
芸人のみならず、アスリートや俳優、文化人など所属タレント約6000名、社員約800名を毎日のように福島へ通わせることを公言し、「今日の協定を機会に末永く、通い続けさせていただいて、芸人たちと一緒に少しでもお役に立てるようにと思っております」と今回の包括連携協定への思いを述べました。

今回、福島県と吉本興業との包括連携協定を提案した復興庁の長沢副大臣は、「よしもと47シュフラン」などこれまでの吉本興業の地域活性化への取り組みを挙げ、「福島県のニーズと吉本興業の持つポテンシャルがマッチした、今後の福島県の発展に役立つものと確信しております」と期待のコメント。
さらには、「ぺんぎんナッツさんにはめっちゃ売れることを期待しております」といった発言で会場の笑いを誘いました。

No image

なお、これまでも吉本興業では、『みちのくKANPEIマラソン』を2012年より5年連続開催し、今後も継続して開催を予定している他、今年12月には、会津若松市立河東中学校、会津若松市立第二中学校にてぺんぎんナッツと岩手県住みます芸人のアンダーエイジによる『漫才授業』を実施するなど、様々な取り組みを行っています。

今後の主な連携事項としては、風評払拭・風化防止、スポーツ振興・健康増進、県産品の振興、観光誘客、避難地域等の復興が挙げられ、よしもとの制作番組や全国・地元メディア、さらにアジア各国メディアとの連携で、国内外に福島の魅力を伝えていきます。
また、これまで3本の映画を福島県で制作し、来年も棚倉町での撮影が決定している他、所属タレントのTwitterなどSNSを福島県のPRに活用し、北海道や川崎で開催実績のあるアスリートと芸人によるスポーツイベント「ふれあい運動会」、大阪・なんばグランド花月内「よしもと47ご当地市場」での「ふくしまおいしい大賞」フェア、などが予定されています。

No image

これからの福島県とよしもとの取り組みにぜひ、ご注目ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
溺死の少年「帰ってこなければ迎えに来て」
豊洲地下空間の水銀は水から気化か 専門家会議で空気測定
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
疾病運転防止法が成立---医学的知見に基づく措置を義務付け
悠仁さまを乗せて追突事故! 宮内庁運転手の気の毒な処遇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加