有村架純、驚きの心霊体験明かしTOKIOも恐怖

有村架純、驚きの心霊体験明かしTOKIOも恐怖

  • モデルプレス
  • 更新日:2017/10/12

有村架純/モデルプレス=10月12日】女優の有村架純が、11日放送のフジテレビ系トーク番組「TOKIOカケル」(毎週水曜よる11時~)に出演。驚きの心霊体験を明かした。

No image

(写真 : 驚きの心霊体験明かした有村架純 (C)モデルプレス)

有村架純、姉・藍里の活動に本音

◆事務所の寮での霊体験

同番組恒例の「生まれて初めて聞かれました」のコーナーでは、TOKIOの山口達也から「オバケってどう退治してる?」との質問が。

有村は地元・兵庫県から上京したてのころ、所属事務所の寮に1人で住んでいたそうで、「そこは結構すごくて、勝手に蛇口から水が出てきたり、寝る時にバシバシ音が鳴って、壁とかもよく叩かれてたんですよ」と、心霊体験を告白した。それを聞いた一同は「びっくりしたでしょ?!」と驚くも、有村は「最初はびっくりしました。でも、いるんだなっていう」といたって冷静。

国分太一に「形は見てるんですか?」と問われ、「(その寮で)見たことはあります」と有村。「白い輪郭…人の形をした輪郭だけです」と言い、「寝ようと思ったら、壁をものすごい叩かれて、“なんか寒い、イヤだ…”と思ったら、立ってたんですよ。多分、男の子」と明かした。

さらに当時、事務所のスタッフの子どもと一緒に遊んでほしいと言われ、2人きりで遊んでいたという有村。するとその子がいきなり「2人ともこっちおいで!」と言い出したそう。どうやらその子には霊が見えていたようで、「私はその時にゾッとした」とスタジオの恐怖を誘った。

◆映画撮影中の恐怖エピソードも

そのエピソードについて「イヤだなとは思わなかったんでしょ?」と問われ、「思わなかったですけど、思ったのもありました」と、さらなる心霊体験を明かした有村。ある映画の撮影中、「なんか嫌だなと思って、腰がものすごく痛くなったんですよ」と、突然の腰痛に教われたという。

するとその場にいた関係者が「ここはダメ、ここはダメ。今すぐ塩買ってきて」と言い出したそうで、有村は「部屋の隅に盛り塩やって、私、お塩を握りしめたままお芝居やって」と、驚きの撮影裏話を明かした。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元SMAP『72時間テレビ』GLAY出演決定に”業界内がザワめく”理由とは?
安田大・クロちゃん 南キャン山里「不毛な議論」で「しん」連呼、「カオス」「神回」
ざわちんの生放送出演に「SNSと顔が違いすぎる」と騒然 加工の影響?
ビートたけしが「唯一勝てないと思った芸人」を激白 ファンからも納得の声
16歳で出産した女子高生、整形女性器公開に続き“アナルプレイ”配信! 「最悪のリアリティスター」の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加