日本テレビとIIJ、動画配信プラットフォーム提供へ合弁会社「JOCDN」設立

日本テレビとIIJ、動画配信プラットフォーム提供へ合弁会社「JOCDN」設立

  • RBB TODAY
  • 更新日:2016/12/01
No image

インターネットイニシアティブ(IIJ)と日本テレビ放送網は1日、国内向け動画配信に特化した配信プラットフォームを提供する合弁会社「JOCDN株式会社(以下、JOCDN)」を設立した。

スマートフォンをはじめとした通信デバイスの普及とデータ通信速度の高速化により、国内の動画配信市場は近年、急速に広がりつつあり、NetflixやAbema TVをはじめ、事業者が積極的に参入している。ユーザーのインターネット利用に充てる時間が伸びることは、放送業界にとって痛手であり、各社は近年、インターネット配信への対応を加速してきたわけだが、今後この分野はさらなる発展が見込まれている分野でもある。

こうした市場環境から、高い運用技術を有し、多くの配信実績をもつIIJと、動画配信サービス「Hulu」を運営する日本テレビとがタッグを組むことによって、今回の発表に至ったというわけだ。JOCDNは、高品質で安定した動画配信を実現するCDNサービスの提供や、将来の放送・通信インフラを支える新たな技術開発により、日本の動画配信市場を築いていくほか、今後、民放各局に出資を含めたJOCDNへの参加を呼びかけていくとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
北千住で幕を下ろしたディスカウントの先駆け「TOPOS」から見る小売業界の栄枯盛衰
止まらないC言語の下落 - 12月言語ランキング
ポケモンGOの「近くにいるポケモン」機能、テストを世界各地に拡大
人類はどのようにして人口72億人に増えていったのか?10万年前から現在までの人口増加がわかる世界地図シミュレーション映像
ランクル・バー & クラリティ・ツリー...東京京橋の新スポットでイベント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加