「グラビア登竜門」ミスコン35年史(1)斉藤由貴、南野陽子、倉科カナを輩出した「ミスマガジン」

「グラビア登竜門」ミスコン35年史(1)斉藤由貴、南野陽子、倉科カナを輩出した「ミスマガジン」

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2018/04/28
No image

グラビア界にとって、一般層にも名前をアピールできるのが「ミスコン」の存在だった。各種のミスコンに選ばれることにより、大きく飛躍したケースも少なくない。そんな35年のヒストリーをここにプレイバック!

○「ミスマガジン」(1982~2011年)

ビール会社や水着メーカーのキャンギャルを別とすれば、その第1号とされるのが82年に始まった「ミスマガジン」である。少年マンガ誌の主催で、スタート時は正統派アイドルの登竜門だったが、時代が平成に変わる頃から、グラドルの需要が圧倒的に増えた。ミスコンで箔をつけ、それが誌面やテレビ局に還元される「ウィンウィンな関係」が続いたのだ。では、その懐かしい歴史を順を追って以下に──。

グラドルのみならず、芸能界への登竜門として由緒ある歴史を誇る美少女コンテスト。82年の初代グランプリがいとうまい子、準グランプリが森尾由美と、今なお現役であることを思えば、その審美眼は正しかった。さらに80年代には、ミスと準ミス合わせ、斉藤由貴、田中美奈子、南野陽子、さとう珠緒と、今も芸能界の第一線にいる者を輩出する。流れが変わったのは、90年に細川ふみえがグランプリに輝いてから。豊かなバスト美女がクローズアップされ、マンガ誌にも水着グラビアが不可欠のものとなった。01年には「ミス週刊少年マガジン」「ミスヤングマガジン」にも枝分かれし、さらにグラドルたちの需要は広がっていったのである。

・いとうまい子

35年前の記念すべき初代のミスマガジンは、今なお奇跡的な若さを保つ。

・斉藤由貴

不貞騒動で世間を騒がせた斉藤だが、出発点は3代目(84年)のミスマガジンだった。

・南野陽子

85年のミスマガジン・マガジンメイトに選ばれ、一気にトップアイドルに駆け上がった。

・細川ふみえ

「眼帯ブラ」で名をはせた細川が90年のグランプリに輝き、グラビア勢に大幅シフトする。

・塩村文夏

民進党からの衆院選出馬を宣言した元美人都議は、98年の準グランプリに選ばれていた。

・倉科カナ

NHK朝ドラ「ウェルかめ」でブレイクしたが、06年は豊かなバストをアピールしていた。

・清水富美加

出家の理由が「性的対象で見られたくない」だが、ミス少年マガジンでは堂々の水着姿を披露。

・その他の主な出身者

森尾由美(82年)、田中美奈子(84年)、さとう珠緒(88年)、中川翔子(02年)、安田美沙子(02年)、岩佐真悠子(03年)、北乃きい(05年)、仲村みう(06年)、新川優愛(10年)、衛藤美彩(11年)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
佐藤仁美を激怒させた「わがまま女優」は佐藤江梨子で確定!? 急に“攻撃”し始めたワケは......
歌舞伎界、片岡愛之助を排除の動き...役者人生を狂わす嫁・藤原紀香の存在
“フミヤの息子”フジ藤井弘輝アナの「あるまじき失態」に批判殺到!
西城秀樹さん側近らが語るプライベート「サウナに入りすぎだったのかも」
ももクロ・佐々木彩夏が“激ヤセ”も、ファンの間で再燃するグループ内いじめ疑惑......「ストレスで?」「ピンクが主犯!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加