巨人・山口俊 古巣DeNAに初勝利 133球完投で投壊チーム救う

巨人・山口俊 古巣DeNAに初勝利 133球完投で投壊チーム救う

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/04/18
No image

完投勝利を挙げ巨人・小林誠司とタッチする巨人・山口俊(右)=ハードオフエコスタジアム新潟(撮影・棚橋慶太)

「DeNA2-3巨人」(17日、ハードオフエコスタジアム新潟)

巨人・山口俊投手が、投壊に苦しむチームを救った。古巣のDeNAを相手に、5安打2失点で2年ぶりの完投勝利を飾った。

三回2死から3安打を集中されて2失点したが、尻上がりに調子も上昇。威力ある直球とフォークを主体に8連勝中と勢いに乗っていたDeNA打線をねじ伏せた。六回2死からの6者連続三振を含む、圧巻の14三振を奪った。

試合前の時点で、チーム防御率はリーグワーストの4・88。先発、リリーフともに打ち込まれる試合が続いていたが、背番号42が悪い流れを断ち切った。

FAで加入した昨季は右肩の不調で出遅れ。シーズン途中には暴行騒動で出場停止処分を受け、わずか1勝に終わった。出直しを誓った今季は開幕ローテの一角として安定感のある投球を見せており、早くも昨季を上回る2勝目。古巣のDeNA相手では、巨人移籍後初勝利となった。

133球の熱投。16年には5完投をマークしており、“ミスター完投”の本領を発揮した。チーム完投一番乗りに「ホッとしています。最終回に斎藤(投手)コーチから、『どうする』と言葉があったが、投げきるつもりで入っていたので投げ切れて良かったです」と安どの笑み。

四回以降は無安打。後半は付け入る隙を与えず「尻上がりによくなってきたので、その結果が完投できたんだと思います。亀井さんのホームランで勝ち越してもらって、逆転は許されないと思った。うまく力も抜けて、後半のほうが良かった」と振り返った。

圧巻な投球だったが謙虚な姿勢を崩さず、「いっぱいいっぱいです。最後は気持ちで投げました。味方の守備、バッティングでもリズムをつくってもらっているので、こういうピッチングができると思います」と、仲間に感謝した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鉄人・衣笠祥雄氏が死去 71歳 連続試合記録、国民栄誉賞も
メジャーではありえない!?高木菜那のノーバン始球式で見えた光景とは
「瓜田純士に勝ったら10万円」対戦相手大募集! “キング・オブ・アウトロー”が『THE OUTSIDER』に帰ってきた!!
ワールドチャンピオンから見た大谷翔平の評判
巨人・小林、夢叶う 首位打者以上にファンが涙したこととは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加