2万円台の単体VRヘッドセット Oculus Go発表。PCもスマホも不要、Gear VR互換でコントローラ対応

2万円台の単体VRヘッドセット Oculus Go発表。PCもスマホも不要、Gear VR互換でコントローラ対応

  • Engadget
  • 更新日:2017/10/12
No image

開発者カンファレンス Oculus Connect 4 で、Oculus が初のスタンドアロン型VRヘッドセット Oculus Go を発表しました。

PCもスマートフォンも要らず、Oculus Go だけで広視野角のバーチャルリアリティが体験できます。価格は199ドル、来年の早い時期に発売予定です。

No image

Oculus Go の外見はPC用VRヘッドセット Oculus Rift とよく似ています。Rift は高価なゲーミング級PCを有線接続して使う「外付けディスプレイ」の一種であるのに対して、Oculus Go は両眼のディスプレイだけでなくプロセッサもバッテリーも内部に収めて単体でVRが体験できるスタンドアローン型の製品です。

内蔵センサは3軸自由度の方向トラッキングに対応、ポジショントラッキングには非対応。上下左右を見渡したり首を傾げてもVR映像が追従しますが、屈んで下から覗き込んだり、着用者の移動をVRに反映することはできません。

ソフトウェア的には、Oculus がプラットフォームを提供する Gear VR とバイナリ互換。サムスン Gear VR対応のゲームやアプリ、VRコンテンツなら、Oculus Go でそのまま利用できます。付属するコントローラも Gear VRのリモコン型モーションコントローラと互換で、リモコンの方向でポインタを動かすタイプです。

No image

つまり Gear VR の Galaxy スマホ不要バージョンのようなものですが、Oculus Go は

・Oculus Rift をベースにしたデザインと装着方法を採用しつつ、顔との接触部分に柔らかく通気性に優れた新素材を採用

・ヘッドセット自体に空間音響スピーカーを一体化。ヘッドセットをかぶるだけでヘッドホン着脱の手間がなく、他人とも共有しやすい。ただし音が外にも漏れるため、ヘッドホン端子に自前のヘッドホンを接続してプライベートに使うこともできる。

・軽量

・次世代 Oculus ヘッドセットと共通の新設計光学系。広視野角でグレアの少ないレンズ採用。

・ディスプレイには解像度2560 x 1440の高速書き換え液晶を採用。有機ELよりも画素間の格子が少なく、レンズで拡大されて網戸のようなノイズに見えるスクリーンドア効果も低減。

といった特徴があります。

No image

ポジショントラッキングこそないものの、199ドルという価格は衝撃的。Gear VRはスマホ抜きで1万円以上するうえに、対応のGalaxyスマートフォンは型落ちを狙っても数万円します。

Oculus はスタンドアローン型VRヘッドセットとして、この Oculus Go のほか、外部センサ不要のポジショントラッキングやハンドプレゼンス(ポジショントラッキング対応ハンドコントローラ)も実現できる Project Santa Cruz も開発中です。

未来の完全没入型VRの可能性は Santa Cruz で追求する一方、こちらの Oculus Go は360度ビデオやモバイルVRアプリなど、手軽なVR体験を手軽な価格で提供しVRのさらなるメインストリーム化を狙う位置付けです。

Oculus Go は2018年の早期に、世界の各市場で発売予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
音質は杞憂でした。「Google Home Mini」発売前アンボックス&ファーストインプレッション!
国立天文台が作った「宇宙の広さを体感できる映像」がスゴい!!
ワイヤレス充電について知っておくべきことすべて
世界初公開のPCケースに話題騒然のSilverStone新製品発表会
BOSEの名作ラジカセ『AW-1』をレコードからMP3まで自由に聴けるようにした結果...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加