奈良決勝は名門対決。一条と奈良育英が準決勝突破

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/11/17

第96回全国高校サッカー選手権奈良県予選は12日に準決勝を行った。

今季県内無敗の一条高は橿原高と対戦。前半アディショナルタイムに右FKの折り返しをDF奥井瑞樹が左足ダイレクトで決めると、後半9分にもFW竹島玲太が決めて2-0で勝った。

奈良育英高対生駒高は前半に奈良育英の攻撃力が爆発。今大会ゴール量産中のエースFW奥村空の2ゴールなど、4-0で前半を折り返した奈良育英が5-2で勝った。

決勝は18日に行われ、一条が勝てば2年連続8回目、奈良育英が勝てば6年ぶり14回目の全国大会出場となる。

[準決勝](11月12日)
一条高2-0 橿原高
奈良育英高5-2 生駒高

[決勝](11月18日)
一条高vs奈良育英高▼関連リンク
●【特設】高校選手権2017
★日テレジータスで「高校選手権」地区大会決勝を全試合放送!11/20(月)14時~運命の「抽選会」を生中継!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
千葉MF町田に昇格争った“宿敵”名古屋がオファー
【ライターコラムfromG大阪】現役最後のクラブは「大好き」なガンバで...藤ヶ谷陽介、19年のプロ生活に終止符
"女芸人No.1"初代チャンピオンは「ゆりやんレトリィバァ」に決定
浦和・長沢、世界基準の実力アピールだ「得点に迫るプレーを」
【ライターコラムfrom千葉】ハイライン&ハイプレスでJ2を席巻...「自分たちのサッカー」で見えた昇格への光
  • このエントリーをはてなブックマークに追加