最新ランキングをチェックしよう
名大、桜島の噴気温度を遠隔で測定 - 水素ガスの重水素同位体含有率を利用

名大、桜島の噴気温度を遠隔で測定 - 水素ガスの重水素同位体含有率を利用

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/12/01

名古屋大学(名大)は11月30日、鹿児島県・桜島の噴気温度の遠隔測定に成功したと発表した。
同成果は、名古屋大学環境学研究科 角皆潤教授、中川書子准教授、産業技術総合研究所活断層・火山研究部門 篠原宏志首席研究員らの研究グループによるもので、11月26日付けの米国科学誌「Geophysical Research Letters」オンライン版に掲載された。
桜島のような活火山の火口には、危険で近づく

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
前立腺がんのロボット手術と開腹手術はどっちがいい?
将来アルツハイマー病にかかる人を脳のMRIスキャン画像から機械学習アルゴリズムで判別可能に
制御不能状態の中国の宇宙ステーション「天宮1号」は2018年1月前後に「地球のどこか」に落ちると予測
タイムトラベル?未来になら行けるよ。高速で移動できる宇宙船が開発されればすぐにでも(米物理学者)
医師たちが告発「がん免疫療法、うかつに信じてはいけない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加