ACCESSがエッジにAIを搭載したトータルソリューションを提供

ACCESSがエッジにAIを搭載したトータルソリューションを提供

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/04/17
No image

ACCESSは4月17日、エッジデバイスでの高速リアルタイムAI処理を実現するトータルソリューション「NetFront EdgeAI」を開発し、提供を開始した。

NetFront EdgeAIは、ACCESSのセンサデバイス機器監視用ソフトウェア「NetFront Agent」にAI技術を組み合わせ、IoTサービスのためのクラウド統合基盤「ACCESS Connect」を用いて管理を行う。エッジコンピューティング技術にAI技術を一体化した。

主な特徴としては、エッジ側にAI機能を搭載させることでクラウド側の処理を削減し、顧客のシステムにおけるネットワークの遅延や帯域に依存しない高速リアルタイム処理を実現するという。

また、NetFront Agentでのリモートでエッジの学習済みモデルの更新、死活監視、ファームウェアアップデートを利用することを可能としている。

なお、今回の新製品の提供開始に伴い、エッジAIのハードウェアパートナーとして、ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)と協業している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドコモが開発した世界初の「高解像度版浮遊球体ドローンディスプレイ」って何?
体温で発電する充電いらずの「PowerWatch」、日本に上陸!
仮想通貨でお金の稼ぎ方、使い方が学べるスマートウォレット『Pigzbe』
どこで購入してる?格安スマホと格安SIMの利用実態調査
サヨナラ、Windows Phone...ラスト1台が公式ストアから売り切れる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加