西武・野上FA行使 DeNAが阪神・大和と両獲り狙う

西武・野上FA行使 DeNAが阪神・大和と両獲り狙う

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/14

西武・野上が他球団移籍を視野に国内FA権を行使する意向を球団に伝えた。渡辺久信SDが「複数年(契約)を提示している。迷ったみたいだけど残留を含めて他のチームの話を聞きたいんだと思う」と語った。

No image

西武の野上

今季は自己最多タイの11勝をマーク。球団は働きぶりを高く評価し、残留交渉で3年契約を提示した。野上もプロ9年間を過ごしたチームに愛着はある。だが、他球団の評価を聞きたい思いもありFA権の行使に踏み切った。西武は宣言残留を認める方針で今後も慰留に努める。

獲得に乗り出す可能性が高いのはDeNAだ。手薄な右の先発要員は補強の最優先事項。西武同様に3年契約を提示するとみられ、阪神からFA宣言した大和との両獲りをにらむ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
侍MVP外崎の青森実家リンゴ園は「今忙しい時期」ネット直販で現在は予約完売
アジアCSベストナイン、侍から5名選出 好機演出、日ハム同期コンビも!
ロッテ育成1位和田が契約、高校陸上部の異色キャラ
由伸監督「Gグラブ取れたし」小林ベストナイン課す
侍松本ベストナイン「役割果たせた打席が多かった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加