今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆133円前後で推移

今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆133円前後で推移

  • FISCO
  • 更新日:2017/10/13
No image

株式会社フィスコ

ユーロ・ドルは、1.1714ドル(2015/8/24)まで反発した後に1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、欧州中央銀行(ECB)は9月の理事会で金融緩和策縮小を検討するとの思惑などで1.2092ドル(2017/08/29)まで上昇した。ユーロ・円は、英国民投票でEUからの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から134円41銭(2017/09/22)まで買われた。スペイン・カタルーニャ自治州の独立問題を巡ってユーロは一時伸び悩んだが、独立は困難との見方が広がっており、投機的なユーロ売りは一巡した。

本日のユーロ・円は133円前後で推移か。リスク回避のユーロは一巡したが、米ドル・円相場に大きな動きがない場合、ユーロの対円レートは133円台前半で上げ渋る展開になりそうだ。

【ユーロ売り要因】
・ECBは金融緩和策の早急な縮小は計画していないとの見方
・米年内追加利上げ&バランスシート縮小開始
・米税制改革協議進展への期待

【ユーロ買い要因】
・ECBは10月にQE縮小計画を発表するとの見方
・カタルーニャ自治州は独立を断念する可能性
・ユーロ圏のインフレ鈍化懸念はやや後退

<HT>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
客にも従業員にも愛される日本一のホテル
没落する日本の家電業界で、ツインバード工業がV字回復できたワケ
マツダと資生堂、香水を共同開発 車らしさやスピード感を香りで表現
住宅ローン、破綻する人の「マズすぎる返済計画」パターン
データ改ざんで揺れる神戸製鋼「解体論」の現実味
  • このエントリーをはてなブックマークに追加