インフィニティ、1950年代に着想を得たレトロなEVレースカーの公開を予告!

インフィニティ、1950年代に着想を得たレトロなEVレースカーの公開を予告!

  • autoblog
  • 更新日:2017/08/15
No image

インフィニティは、8月20日に米国カリフォルニア州で開催されるペブルビーチ・コンクール・デレガンスで、レトロなレースカーを発表する。クラシックなオープンホイールのグランプリ・レースカーにモダンなデザイン要素とパワートレインを組み合わせたクルマだという。ペブルビーチの舞台では、モータースポーツ創成期の並み居るビンテージカーと見事に調和することだろう。

「インフィニティ レトロプロトタイプ」とシンプルに表現されたこのマシンは、同ブランドの過去に対する想像を形にしたものだ。インフィニティは、日本の南端で70年もの間、身を潜めていたマシンを発見したという状況を思い浮かべ、その古い外観に、ブランドの「パワフルな優雅さ」を感じさせるデザイン要素を融合させたという。

今のところ、写真は2枚しか公開されていないものの、滑らかなシルバーの砲弾型ボディに、接地面の狭いバイアスプライ・タイヤを装着しているようだ。クルマの全貌を確認するには来週末まで待たなくてはならないが、このティーザー画像を目にして我々は興奮している。

No image

レトロプロトタイプは現代のコンセプトカーの例に漏れず、クールなマルチキャブレターのガソリン・エンジンではなく、インフィニティの電気自動車(EV)技術を取り入れているという。実際に走るのかどうかは分からないが、近くのマツダ・レースウェイ・ラグナ・セカで周回する勇姿をぜひ見せてほしいものだ。

By Reese Counts

翻訳:日本映像翻訳アカデミー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
テスラの優位性、今後も維持可能な2つの理由
シャープ、人材が「もぬけの殻状態」...日本電産が容赦なく大量の技術者を引き抜き
「911」の後継になれなかった、ポルシェ「928」の初期型を廃車置場で発見
「化け物」ゾゾタウン、「とにかく買わせる」仕掛けの秘密...有名ブランドも大挙して出店
「世界のSEIKO」失われた輝き...東京五輪で公式時計に不採用、盟友エプソンと腕時計戦争
  • このエントリーをはてなブックマークに追加