今晩のNY株の読み筋=ダウ、次は25日回復目指す展開か

今晩のNY株の読み筋=ダウ、次は25日回復目指す展開か

  • モーニングスター
  • 更新日:2018/02/15
No image

米国株は前営業日、リスクオフ後退から上昇。ダウ工業株30種平均は253.04ドル(1.02%)高の2万4893.49ドルで終えた。

投資家心理を示す数値として利用されるCBOE(シカゴ・オプション取引所)のVIX指数(恐怖指数)終値は前日から大きく下落し19.26。20を割り込みほぼ平常モードに戻ったといえる。注目された米1月CPI(消費者物価指数)は市場予想を上回り金利上昇を嫌気し売り物に押されたが影響は限定的だった。

ドルはフシの2万5000ドルに再び接近しており、ここを突破すれば25日移動平均線(14日時点で2万5565ドル)回復を目指す展開となりそう。金利上昇が上値を抑える展開は続きそうだが、米CPIに対する反応を見ても市場にはある程度慣れが出てきた。下値支持線となっている200日線(2万2850ドル)まで下がる可能性は低い。

米経済指標は1月生産者物価指数、2月ニューヨーク連銀製造業景気指数、2月フィラデルフィア連銀景況指数、新規失業保険申請件数。(日付は現地時間)◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
20年前、片道4000円で超ガラガラだった東京湾アクアラインは800円になってこうなった
京急電鉄「創立120周年記念乗車券」 発祥の地・川崎大師駅で発売
JTが「加熱式」で大勝負 「シェア4割」宣言の本気度
米FRB金融政策報告書、仮想通貨の急伸はリスク選好のあらわれ【フィスコ・ビットコインニュース】
すごいデザインだ...... 光岡自動車から新型オープンカー「ヒミコ」登場、461万円から
  • このエントリーをはてなブックマークに追加