2018年の米金融政策見通し

2018年の米金融政策見通し

  • FISCO
  • 更新日:2018/02/15
No image

株式会社フィスコ

米連邦準備制度理事会(FRB)は3月20日−21日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で、政策金利であるFF(フェデラルファンド)レートの誘導目標水準は現行の1.25%−1.50%から1.50%−1.75%に引き上げる見込み。CMEグループのFedWatchでは2月13日時点で0.25ポイントの利上げ確率を77.5%と算出している。(金利据え置きの確率は22.5%)

なお、バランスシートの縮小については、米国債や住宅ローン担保証券(MBS)を、月額最大100億ドル減らす従来のペースを維持するとみられる。(減額規模は将来的に毎月500億ドルまで拡大される見込み)

2018年の金利見通しについては、3回の利上げが計画されている。政策金利(FFレート)は2018年末までに2.00%-2.25%まで上昇すると予測されているが、米FOMCは2018年のインフレ率は上昇すると予想しており、インフレの進展次第では年4回の利上げ実施の可能性もある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
変貌遂げるIT企業の収益構造、サービス契約が柱に
ウォール・ストリート・ジャーナル
あきらめるのはまだ早い!「医療費控除」は10万円以下でもOK
絶対に会社を潰す"ダメ社長"3つの傾向
パチンコホール、「出玉規制」で倒産激増?ヘビーユーザー離れの危機、大手は異業種参入も
ドコモのハピチャン、3月はマックのグランバーガーをプレゼント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加