“まるで本物”の新aibo ペットのように「育て方で個性が出る」

“まるで本物”の新aibo ペットのように「育て方で個性が出る」

  • ITmedia NEWS
  • 更新日:2018/01/12
No image

ソニーは1月11日、AI(人工知能)技術を活用した犬型ロボット「aibo」(アイボ)を発売した。2006年に生産終了した「AIBO」から約10年ぶりの復活に、喜んでいるファンも多いようで、同日オープンしたaiboと触れ合える「aibo room」(東京・渋谷モディ1階広場)には開店前から行列ができた。新しいaiboは、どんな振る舞いを見せてくれるのか。

1月11日発売の「aibo」

No image

開店前から行列ができた「aibo room」

「育て方によって個性が出てくる」

「aiboは、何か話し掛けると何かを答えるロボットではなく、ペットとしてそこにいる」――aibo roomを手掛けるソニーPCLの小塚悠介プロデューサーはそう話す。「aibo」と呼び掛けたり名前を呼んだりすれば反応し、顎や背中をなでれば喜ぶ。「いい子」や「よしよし」といった褒め言葉に、目を細めてうれしそうにすることもあるという。

No image

aibo roomでは人の声がする方向へ顔を向けたり、近くにあるピンク色のボールやアイボーン(aibo用の骨型アクセサリー)を前足で動かしたり――といったしぐさも見られた。鼻などにある内蔵カメラで物質を認識しており、「アイボーンを取って」というお願いを聞いて取りに行くだけでなく、自分からすすんで遊ぼうとすることもある。反応はランダムで「aiboの気分次第」(小塚プロデューサー)という。

【訂正履歴:2018年1月12日15時15分更新 ※初出時、「胸などにある内蔵カメラ」としていましたが、正しくは「鼻などにある内蔵カメラ」の誤りでした。お詫びして訂正いたします】

さらに人の顔も100人ほどまで認識。「この人が飼い主だ」とすぐに認識するわけではないが、「この人はよく触ってくれる」「この人はよく褒めてくれる」といったことを少しずつ覚えていき、そんな人のところへ自分から近寄るようになるという。褒めるだけでなくダメなことはダメとしつけることも可能。性別も設定でき「男の子のaiboでも、おとなしい子や暴れん坊の子など、育て方によって個性が出てくる」(小塚プロデューサー)という。

これまでのAIBOとの違いは?

本物の犬のように動く新しいaibo。それを可能にしているのが、全身に搭載する22軸の超小型アクチュエーターだ。従来のAIBOよりも2軸増やしたことで、「腰を振る」「首をかしげる」などの動きが可能になった。

No image

目の表情は、有機ELパネルで細やかに表現。まぶたを動かすことで、眠そうな表情も見せる。「犬らしい」見た目との違和感がないよう、モーター音もできるだけ抑えたという。

歴代のAIBOの中には、パグなど特定の犬種をモデルにしたものもいたが、新しいaiboはさまざまな種類の犬の動きを研究して取り入れたという。

aiboの鼻にあるカメラを使い、写真撮影も可能。自動でaiboが撮影するモードと、「写真を撮って」とお願いして撮影してもらうモードがあり、aiboと連携するアプリ「My aibo」(iOS/Android、Webブラウザ版)で切り替えできる。

「リアルすぎ」の意見も 開発者の反応は?

見れば見るほど「本物の犬」のように見えてくるaiboだが、発表直後には「リアルすぎてちょっと怖い」という感想を抱く人や、不気味の谷(※)を想起した人もいたようだ。小塚プロデューサーによれば、「開発メンバーは、不気味の谷などは意識していなかった」という。

(※)不気味の谷……ロボットの外見やしぐさを本物の人間に似せようとすると、ある段階から人が強い不快感を抱く現象

No image

「aiboは、ソニーの“アイボというプロダクト”を今の技術でどこまで魅せられるかチャレンジしたもの。ロボットの一般的な話はあまり意識していない。写真だけでは不気味の谷を感じた人も、実際にaiboに触れ合ってもらえれば気にならなくなると思う」(小塚プロデューサー)

aiboとの触れ合いは、渋谷のaibo roomの他、銀座(東京)、札幌(北海道)、名古屋(愛知)、大阪(大阪)、天神(福岡)のソニーストアでも体験できる。

aibo roomでは、中央にある「aibo触れ合いベンチ」でaiboと遊べる他、自由に写真や動画の撮影も可能。「お手」のポーズをしているaiboと一緒に写真を撮ったり、aiboのロゴのあるフォトスポットで記念撮影したりできるが、aiboの「抱っこ」はNGだ。

撮影した写真や動画はSNSでシェアできる。ソニースクエア渋谷プロジェクトの公式TwitterInstagramをフォローし、「#SonySSP」のハッシュタグを付けて投稿すれば、その場で「オリジナルaiboステッカー」がもらえるという。ステッカーは全部で5種類。2週間ほどで変更されるため「コンプリートを目指して、何度もaiboに会いに来てもらえれば」(小塚プロデューサー)という。

No image

5種類のステッカー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
mineo、100万回線間近! ファンファーストで生き残りを狙う
“顧客ファースト”でシェア上位 独自路線の「mineo」、次なる施策は?
2017年の今日、スタッキングPC「HP Elite Slice」が発売されました:今日は何の日?
「グノシー動画自動再生機能」の設定方法について
ウェブページの内容をExcelに変換してくれるサービス・拡張機能「Listly」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加