「昭和天皇独白録」が競売に 1700万円で落札か

「昭和天皇独白録」が競売に 1700万円で落札か

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/05
No image

動画を見る(元記事へ)

昭和天皇が太平洋戦争の敗戦に至るまでの経緯などについて語った「昭和天皇独白録」の原本がニューヨークで競売にかけられることになりました。

昭和天皇独白録は、1946年に昭和天皇が語った太平洋戦争の開戦から敗戦までの経緯を側近の寺崎英成氏が記録したものです。オークションの主催会社によりますと、「独白録」の原本は寺崎氏の妻が故郷のアメリカに持ち帰り、その孫が出品したということです。
競売会社ボナムス担当者:「日本人が落札して、日本のコレクションになってくれればと願っています」
オークションは6日にニューヨークで開かれ、落札額は日本円で1100万円から1700万円と予想されています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
外国人「日本の1円硬貨には世界で唯一の特徴があるらしい...試したらホントだった!」
「お前なにしてくれてんねん」帰るのが遅くなった時の猫たちの反応がヤバイ / 威圧感がものすごいのですが...
「おめでとう!」「頑張れ!」松居一代会見、掛け声の主は...
クリスマスに「女性が欲しい物」2位はお財布、1位は何?
そんなに大事?夜の営みを拒否するママたちの本音  #夜の営み事情
  • このエントリーをはてなブックマークに追加