最新ランキングをチェックしよう
「100年前にオリンピックが行われた競技場に立ったとき、『このために一生懸命頑張ってきたんだ』という思いが湧きました」生田斗真(三島弥彦)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

「100年前にオリンピックが行われた競技場に立ったとき、『このために一生懸命頑張ってきたんだ』という思いが湧きました」生田斗真(三島弥彦)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

  • エンタメウィーク
  • 更新日:2019/03/20

いよいよストックホルムオリンピックが開幕し、日本初のオリンピック選手の1人、三島弥彦は、マラソンの金栗四三(中村勘九郎)に先駆けて短距離競技に出場した。ところが結果は惨敗。最後は棄権という選択をすることとなった。とはいえ、持てる力を出し切ったそのすがすがしい姿に、心打たれた視聴者も多かったはず。第11回で入魂の演技を披露した三島役の生田斗真が、ストックホルムロケの思い出や作品の舞台裏を語ってくれた

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
超ド級のハイレグでパントマイム! 天津いちは、すさまじい角度の水着でギリギリショット連発
井口監督「仕方ない」14安打も平成最後本拠で敗戦
ソフトバンク明石V弾 バック宙は秋山前監督との“約束”だった
巨人・菅野 3回1/3、7失点12被安打に「完璧にやられた」
ノムさんが選ぶ「平成ベストナイン」 とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加