最新ランキングをチェックしよう
ファーウェイ事件、中国の猛反撃は「この日」に行われる可能性

ファーウェイ事件、中国の猛反撃は「この日」に行われる可能性

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2018/12/11

孟晩舟副会長の電撃逮捕
表面的には、一企業の経営者が捕まっただけだが、いま中国は、そして世界は、重大な岐路に立たされている。
それは、20世紀後半にアメリカとソ連が、半世紀近くも冷戦を繰り広げたように、21世紀前半の世に、アメリカと中国との「新冷戦」が全面的に展開されるかどうかという瀬戸際だからだ。
12月1日、カナダのバンクーバー空港で、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長(46歳)が逮捕され

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本軽視がアダに。韓国が大国から相手にされなくなる危ない未来
【韓国レーダー照射】北朝鮮の瀬取り支援疑惑浮上...韓国、日本が金融制裁なら通貨危機に発展も
「韓国疲れ」再び、文在寅政権に愛想をつかす米国 --- 古森 義久
韓国レーダー照射事件でわかった、日本を見くびる韓国の愚かさ
議員の「文在寅大統領が日本を刺激」発言で韓国が大もめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加