最新ランキングをチェックしよう
ファーウェイ事件、中国の猛反撃は「この日」に行われる可能性

ファーウェイ事件、中国の猛反撃は「この日」に行われる可能性

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2018/12/11

孟晩舟副会長の電撃逮捕
表面的には、一企業の経営者が捕まっただけだが、いま中国は、そして世界は、重大な岐路に立たされている。
それは、20世紀後半にアメリカとソ連が、半世紀近くも冷戦を繰り広げたように、21世紀前半の世に、アメリカと中国との「新冷戦」が全面的に展開されるかどうかという瀬戸際だからだ。
12月1日、カナダのバンクーバー空港で、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長(46歳)が逮捕され

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
伏見稲荷大社が最高! だが「日本文化に浸ろうにも中国人の影が・・・」=中国メディア
日本のサービスエリアを利用した中国人が驚く「飲食店がぼったくり価格じゃなかった!」
“食用油のガブ飲み”で人気の動画配信者、配信直後に死亡 稼いだ額にも驚きと悲しみの声
アメリカから「警告のイエローカード」が届く、韓国文在寅大統領は役に立たないお邪魔な仲介者か!
さすがの朝日も自虐より人権か? 米国務省人権報告報道
  • このエントリーをはてなブックマークに追加