東京都、水上バス活用し「貨客混載」実証実験 「手ぶら観光」想定

東京都、水上バス活用し「貨客混載」実証実験 「手ぶら観光」想定

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/08/15

東京都は10日、宅配便最大手のヤマト運輸などと連携し、水上バスで人と貨物を一緒に運ぶ「貨客混載」の実証実験を始めた。観光客から預かった荷物を観光している間に宿泊先まで届ける「手ぶら観光」サービスを想定し、課題を洗い出す。

実験では、隅田川を通って浅草や両国などの観光地をめぐる都公園協会運航の水上バス「東京水辺ライン」に模擬貨物を載せ、31日まで数回実施。荷物の積み降ろしにかかる時間や必要な人員のほか、旅客運航への影響も調べる。

この日はヤマトが、浅草寺の雷門に近い墨田区の吾妻橋船着場で、車いす用の昇降リフトを使って船内にスーツケース3個入りの模擬貨物2個を運び込んだ。ヤマト社員も同行し、中央区の築地市場近くにある船着場までの約6キロを運び、水上バスから降ろした。

No image

水上バスの運航中に船内に搬入した模擬貨物を紹介するヤマト運輸のスタッフ=10日、東京都内の隅田川

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
現役アイドルAのセックス動画流出騒動、「黒幕は逮捕?」「Aも危ない」とウワサされるワケ
ビル30階建て相当のすごい船「ちきゅう」が一般公開!見学者9000人を募集中
カナダ 史上最悪の森林火災 茨城県1個分の森を焼失 犯人は...
「建設中のビルが傾いた」投稿で住民ら避難 タイ
厚労省「ブラック企業リスト」401社に HISや水道局も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加