最新ランキングをチェックしよう
又吉イエス氏ポスターからアノ過激文句が消えた なぜ?本人に聞いた

又吉イエス氏ポスターからアノ過激文句が消えた なぜ?本人に聞いた

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/10/13

対立候補の名前を挙げて「腹を切って死ぬべきである」といった過激なフレーズを選挙ポスターなどで使い、独自の戦いを続けてきたことで有名な「名物候補」が、「唯一神・又吉イエス」こと、世界経済共同体党代表・又吉光雄氏(73)だ。

2016年夏の参院選のポスターまではおなじみのフレーズが見られたが、今回の衆院選(17年10月22日投開票)のポスターではこの文言が消えた。なぜなのか。J-CASTニュース編集

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
与党、働き方改革法案の今国会成立を譲らず 予算案の27日採決をめぐり野党との攻防激化
在日韓国人の団体、韓国の「日韓合意見直し」に異議
リベラルの私が安倍首相を支持する理由
「裁量労働制の問題が先」枝野氏が予算案採決に反対
【社民党大会】又市征治新党首を正式承認 崖っぷちに「立った」のではなく「落ちかけている」 生き残りをかけた船出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加