最新ランキングをチェックしよう
又吉イエス氏ポスターからアノ過激文句が消えた なぜ?本人に聞いた

又吉イエス氏ポスターからアノ過激文句が消えた なぜ?本人に聞いた

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/10/13

対立候補の名前を挙げて「腹を切って死ぬべきである」といった過激なフレーズを選挙ポスターなどで使い、独自の戦いを続けてきたことで有名な「名物候補」が、「唯一神・又吉イエス」こと、世界経済共同体党代表・又吉光雄氏(73)だ。

2016年夏の参院選のポスターまではおなじみのフレーズが見られたが、今回の衆院選(17年10月22日投開票)のポスターではこの文言が消えた。なぜなのか。J-CASTニュース編集

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ今まで試さなかったんだ... マツコも感嘆した納豆アレンジレシピが話題
ディズニーR、入園前にぐったり、年間パス使用不可日...値上げしても顧客満足度低下の惨状
【悲報】福岡でナイフで背中刺され男性死亡 / ネット有名人Hagex氏との情報あり「刺されるほど悪い人とも思いません」
日本犬が飼い主以外には懐かないと言われている理由
「ロケ中に黙って帰宅」「主演なのに失踪......」芸能活動中に“姿を消した”タレント4名は
  • このエントリーをはてなブックマークに追加