最新ランキングをチェックしよう
又吉イエス氏ポスターからアノ過激文句が消えた なぜ?本人に聞いた

又吉イエス氏ポスターからアノ過激文句が消えた なぜ?本人に聞いた

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/10/13

対立候補の名前を挙げて「腹を切って死ぬべきである」といった過激なフレーズを選挙ポスターなどで使い、独自の戦いを続けてきたことで有名な「名物候補」が、「唯一神・又吉イエス」こと、世界経済共同体党代表・又吉光雄氏(73)だ。

2016年夏の参院選のポスターまではおなじみのフレーズが見られたが、今回の衆院選(17年10月22日投開票)のポスターではこの文言が消えた。なぜなのか。J-CASTニュース編集

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
貴乃花親方『引退』の無責任な行動とチラつく景子夫人との「離婚」
部屋で二人きりにまでなったのに、なぜ!?意中の男が、指一本触れて来なかった本当の理由
元貴闘力 処分後の貴親方に引退勧めていた「もう辞めてしまえよ」
胸元と背中を大胆露出!石原さとみ、チョコレート色のドレスで登場
桐谷美玲がZERO卒業 サプライズに「びっくり」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加