最新ランキングをチェックしよう
又吉イエス氏ポスターからアノ過激文句が消えた なぜ?本人に聞いた

又吉イエス氏ポスターからアノ過激文句が消えた なぜ?本人に聞いた

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/10/13

対立候補の名前を挙げて「腹を切って死ぬべきである」といった過激なフレーズを選挙ポスターなどで使い、独自の戦いを続けてきたことで有名な「名物候補」が、「唯一神・又吉イエス」こと、世界経済共同体党代表・又吉光雄氏(73)だ。

2016年夏の参院選のポスターまではおなじみのフレーズが見られたが、今回の衆院選(17年10月22日投開票)のポスターではこの文言が消えた。なぜなのか。J-CASTニュース編集

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
北朝鮮を先制攻撃できるミサイルは必要か
【単刀直言】希望の党・長島昭久政調会長「揚げ足取りに国民はついてこない」首相の9条改憲案「安直ではないですか」
麻生太郎副総理、「共謀罪」報道批判を追及した東京新聞記者に反論
【歴史戦】自民党、目立つ鈍感ぶり 安倍晋三首相「サンフランシスコは失敗だった...」
捏造メディアとの最終戦争が開幕する:新しい政治を創ろう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加