子どもへのクリスマスプレゼントの平均予算は?

子どもへのクリスマスプレゼントの平均予算は?

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/07

クリスマスまで1か月を切り、今年もプレゼントに悩む時期となった。他の家庭ではどんなプレゼントを贈っているのか、予算は、そして子どもたちが本当に欲しいモノとは?

No image

バンダイは、そんなクリスマスシーズンにあわせ、0~12歳の子どもを持ち、クリスマスプレゼントの選定・購入予定がある親を対象に「今年のクリスマスに関する意識調査」を実施。その回答状況とデータ分析結果を公開した。

No image
No image

まず親に聞いた子どもへのクリスマスプレゼントの内容は、「知育玩具」、「ゲームソフト」(10.8%)が同率で1 位となった。「知育玩具」を選んだ理由としては、「楽しみながら学んでほしい」、「頭がよくなりそうだから」などがあげられ、将来を考えた親の意向が強く見える。昨年に続いて1 位となった「ゲームソフト」を選んだ理由については、「年に一度のご褒美だから」といった声も多数見受けられ、親にとってもクリスマスだからこそのプレゼントとなっていることがわかる。学齢別にみてみると、0~5 歳までの子どもに対しては、“楽しく学べる”「知育玩具」をプレゼントしたいと考えている親が多い一方で、年齢があがるにつれて、「ゲームソフト」や「ゲーム機」など、子どもが“楽しめる”ことを考えたプレゼントを渡す傾向にあるようだ。

No image
No image

次に子どもが実際に今年欲しがっているクリスマスプレゼントについて聞いたところ、1 位「ゲームソフト」、2 位「ぬいぐるみ・人形・フィギュア」、3 位「車玩具」という結果に。「ゲームソフト」を選んだ理由の中には、「友達と遊べるから」、「友達が持っているから」という声もあり、交友関係も影響していることがわかる。「ゲームソフト」は、親から子どもへのプレゼントとしても1 位となっており、子どもの年齢があがるにつれて、親も要望に応える傾向にあるようだ。

No image

2017年の親から子どもへのクリスマスプレゼントの平均予算は6971円となり、昨年(6815 円)と比べ156 円増加した。価格帯のボリュームゾーンとしては、5000 円以上~5999 円が最も多く41.6%、次いで3000 円以上~3999 円(16.9%)、1万円以上~1万4999 円(14.5%)という結果になった。昨年と比べると、1000 円以上~4000 円未満の低価格帯と、2万円以上の高価格帯の割合が微増。全体的な平均予算額は昨年を上回る結果となった。

No image
No image

子どもがクリスマスプレゼントをもらう相手について聞いたところ、「サンタクロース」(66.8%)が一番多い結果に。また、複数の相手からプレゼントをもらう予定がある子どもは全体の約4 割いることがわかった。さらに約3人に1人の子どもが「祖父母」からクリスマスプレゼントをもらう予定があるようだ。特に0~5 歳までの未就学児の割合が高いことから、幼少期には、「祖父母」からプレゼントをもらう傾向にあることがわかる。

No image

■調査概要
調査目的/今年のクリスマスに関する意識・実態を探る
調査地域 / 全国
対象者条件/ 0~12 歳の子どもを持ち、クリスマスプレゼントの選定・購入予定がある親(子どもと一緒に回答できる人)
調査手法/インターネット調査(協力:株式会社クロス・マーケティング)
実査期間/2017 年11 月2 日(木)~11 月5 日(日)
サンプル数/800 人

構成/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
AV男優・森林原人が「娯楽としてのエロ」を指南! モテより、まずクリアすべき”3F”とは?
もし私が10歳の日本人なら...世界的投資家の「驚愕の問いと答え」
この絵をパッと見て、最初に何が見えた?心の奥底を探る心理テスト
白人女性からファーストクラス搭乗を疑われた黒人男性の切り返し
【ネトゲの嫁が】男子がネットで美女と大恋愛 → オフで会ってみた結果...嫁の姿にネットユーザー同情「2017年最大の悲劇だ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加