5日線のある94万円前後での小動き【フィスコ・ビットコインニュース】

5日線のある94万円前後での小動き【フィスコ・ビットコインニュース】

  • FISCO
  • 更新日:2018/02/15
No image

株式会社フィスコ

2月14日11時30分時点のフィスコ仮想通貨取引所におけるビットコイン(BTC)価格は、940,000円台での値動きとなっている。ボリンジャーバンド(30分足)が横ばい推移のなか、+2σ(940,000円処)を抵抗線、-2σ(920,000円処)を支持線とした狭いレンジ内でのボックス推移が続く。また、一目均衡表は転換線を上回っているものの、雲の下での推移であるうえ、基準線も横ばいであることから、相場の方向感は掴みにくい。これらを受け、概ね5日移動平均線の位置する940,000円前後での値動きが引き続き意識されやすいだろう。なお、ここまでの高値は5:30に付けた946,070円、安値は8:30に付けた925,015円となっている。

時価総額上位10位の仮想通貨では、高安まちまちのなか、ライトコイン(Litecoin)が8%超の上昇と上げ幅を拡大する格好に。通貨別シェア状況では、円(JPY)が54.44%と前日から更にシェアを伸ばしてきており、ドル(USD)の22.07%を大きく引き離している(CryptoCompare参照)。

※ビットコイン/日本円はフィスコ仮想通貨取引所、ビットコイン/米ドル及びアルトコイン上昇率はCoin Market Capを参照。なお、ビットコイン価格については値動きの関係上、ニュース作成時から大きく変動している場合がございます。あらかじめご了承ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
JTが「加熱式」で大勝負 「シェア4割」宣言の本気度
なぜUberは"チョイ高"でも支持されるか
大塚家具、資金ショート危機でちらつく「最終局面」...人材流出、荒唐無稽な成長戦略
4月から三菱UFJ銀行へ社名変更 預金者が必要な手続きとは?
郊外から東京都心まで......閉店ラッシュの「TSUTAYA」、レンタル実店舗に未来はある?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加