山田孝之、愛読漫画を念願の映画化!

山田孝之、愛読漫画を念願の映画化!

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/08/11
No image

俳優・山田孝之(33)が2018年公開の映画「ハード・コア」で主演とプロデュースを務める。作・狩撫麻礼氏、画・いましろたかし氏による人気漫画「ハード・コア-平成地獄ブラザーズ」が原作。愛読者だった山田が映画化を熱望し、盟友の山下敦弘監督とタッグを組む。山田の映画プロデュースは「映画 山田孝之3D」に続いて2作目。

都会の片隅で生きるアウトロー・権藤右近と友人・牛山が古びたロボットを発見し、弟でエリート商社マンの左近を含めて、破天荒な事件に巻き込まれていくという物語。男たちの切なくて、爽快な友情が描かれる。主人公の右近を演じる山田は「全くどうしようもなく不器用な男の生き様を見ていると、イライラしてくる。でも、嫌いになれない。男たちの結末に、僕は泣いた。それはきっと、曲がった世界を真っ直ぐ生きる男の姿、そこに間違いなく憧れがあるからだろう」と思い入れたっぷりに語る。

弟の左近を演じるのは俳優・佐藤健(28)。「兄弟役と聞き、2秒で出演を決めました。棚からぼたもち的な気持ちです」と共演を喜んでいる。牛山役に決まった荒川良々(43)は「自分が生きていく上でのバイブルの映画化、『やっっっと来た!』と感じています。初めての山下組!死ぬ気でやります!」と気合充分。

山下監督は「山田孝之の口から『山下さん、ハード・コア読みました?』って言葉が飛び出して早5年。もうこれはやらねばというか、やる運命というかハッキリ言って使命にも似た心境です」と意気込みを語っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
シュタイフやミナ ペルホネンなど、「ほぼ日手帳」2018年度版は全79種類!
満島ひかりが女優としての「覚悟」を見せた映画「海辺の生と死」
たった300人のジェダイが、6万人の中世の騎士軍に挑む!
ついにゴジラ“顔出し”!アニメ映画「GODZILLA」予告&ポスター完成
山﨑賢人『ジョジョ』本編映像をYouTube上に大量放出で非難の嵐
  • このエントリーをはてなブックマークに追加