最新ランキングをチェックしよう
平田龍一(松山大3年)が春夏3連覇で単複2冠、岡田優花(広島修道大2年)は春夏2連覇 [H29夏季中国四国学生]

平田龍一(松山大3年)が春夏3連覇で単複2冠、岡田優花(広島修道大2年)は春夏2連覇 [H29夏季中国四国学生]

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2017/09/17

「平成29年度 夏季中国四国学生テニス選手権大会」(広島県・広域公園テニスコート/本戦 9月12~17日)は最終日を迎え、男女単複の決勝が行われた。
 トップ2シードの対戦となった男子シングルス決勝は第1シードの平田龍一(松山大学3年)が第2シードの竹田真教(岡山大学)を6-3 6-2で、女子シングルス決勝は第1シードの岡田優花(広島修道大学2年)が第3~4シードの大政ひとみ(愛媛大学3年)を6-

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【告知】錦織vsノビコフ
みま、みう、1年後の全日本での明暗。2人の卓球の何が変わったのか
錦織 復帰戦は黒星で初戦敗退
【1月24日の注目ドロー】ベスト4をかけフェデラー、チョン・ヒョン、ケルバー、ハレプらが登場 [全豪オープン]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加