最新ランキングをチェックしよう
劇団EXILE秋山真太郎が小説家デビュー! “活字嫌い”が作家になったいきさつを語る

劇団EXILE秋山真太郎が小説家デビュー! “活字嫌い”が作家になったいきさつを語る

  • ぴあニュース
  • 更新日:2019/07/12

劇団EXILEの秋山真太郎の処女小説『一年で、一番君に遠い日。』が7月11日に発売された。EXILEをはじめ、多くのメンバーが所属し、多彩な活躍を見せるLDHにおいて初の“小説家”誕生である。驚くべきは秋山が、もともと作家を目指していたわけでもなく、それどころか執筆を始める3年ほど前まで、本を読む習慣もほぼなかったという点だ! “活字嫌い”だった男がなぜむさぼるように本を読み始め、自身でも執筆する

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
鷲見玲奈アナ「竹林不倫」越えの衝撃!? 上回れるのはあの“伝説のセックス事件”だけ?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加