世界一人気のゲームを作り上げたRiot Gamesが制作したオートチェス系ゲーム「チームファイト タクティクス」プレイレビュー

世界一人気のゲームを作り上げたRiot Gamesが制作したオートチェス系ゲーム「チームファイト タクティクス」プレイレビュー

  • GIGAZINE
  • 更新日:2019/09/11
No image

2019年初頭に登場した「Dota Auto Chess」の人気を受け、多くのメーカーがオートチェス系のゲーム開発に参入しました。9000万人のプレイヤーを抱える“世界一人気のゲーム”League of Legendsの開発元・Riot Gamesもその1つで、「社内でDota Auto Chessが流行し、同僚たちと狂ったように遊んでいたので自分たちでも作りました」とインスパイアを公言します。そのRiot製オートチェス系ゲーム「チームファイト タクティクス」はどんなゲームなのか、実際にプレイして確かめてみました。

チームファイト タクティクス | リーグ・オブ・レジェンド

https://jp.leagueoflegends.com/ja/featured/events/teamfight-tactics

どんなゲームなのかは、以下のゲームプレイトレーラーで端的にわかります。

チームファイト タクティクス ゲームプレイトレーラー - YouTube

・目次

◆アカウント登録&インストール

◆プレイ

◆まとめ

◆アカウント登録&インストール

まずはアカウント登録を行います。登録ページへアクセスし、メールアドレス・ログイン時に利用するユーザー名・パスワード・生年月日を入力し、利用規約に同意するのチェックを付けて「今すぐ参加」をクリックします。

No image

アカウントが作成されるので「WINDOWS版をダウンロード」をクリック。すぐ下にMac用のリンクもあるので、Macの人でも問題ありません。

No image

ダウンロードした「League of Legends installer JP.exe」を起動します。

No image

インストーラーが起動するので「次へ」をクリック。

No image

「上記の規約に同意します。」のチェックボックスにチェックを入れ「次へ」をクリックします。

No image

インストール作業は5分ほどで完了しました。「終了」をクリックするとゲームクライアントが立ち上がります。

No image

クライアントが起動するとまた利用規約が表示されるので、ここも「同意する」をクリック。

No image

先ほど作成したアカウントのユーザー名・パスワードでログインします。

No image

ゲーム内に表示される名前を決めます。他の人とかぶっている名前は利用できないのですが、右の緑のチェックマークは禁止ワードが含まれないかを判定しているだけのようで、緑マークが出ていても「今すぐ開始」をクリックすると「他人とかぶっています」というエラーが出てしまいました。何回か名前を変更して試し、ようやく通過。

No image

リーグ・オブ・レジェンドの代表的なゲームモードである「サモナーズリフト」と「チームファイト タクティクス」のどちらをプレイするかを選択します。今回は下の「チームファイト タクティクス」をクリック。

No image

◆プレイ

クライアントが起動したら、左上の「プレイ」をクリックします。

No image

「対人戦」の欄にある「チームファイト タクティクス」を選択します。今回はゲームの結果によってランキング順位が変動する「ランク」モードをプレイします。チームファイト タクティクスは個人戦であり、自分が大失敗してしまっても他人の迷惑にはならないため気楽にプレイできます。

No image

最初に「チャンピオンを集めてうまく配置して勝とう!」という内容の簡単な説明が表示されるので「OK」をクリック。

No image

「マッチメイキング」をクリックします。

No image

今回プレイしたのが平日の午前中ということもあり、果たしてちゃんとマッチングするのか不安でしたが2分ほどでマッチングしました。「承諾」をクリック。

No image

ロード画面に今回対戦する8人のプレイヤーが表示されます。

No image

しばらく待つとロードが完了し、ゲームが始まりました。画面中央に表示されている青いスライムが自分です。

No image

最初は「ドラフトラウンド」から始まります。このドラフトラウンドでは、ゲームにおいて自分の代わりに戦闘を行ってくれるユニットである「チャンピオン」たちが中央を回転しています。画面内を右クリックするとその場所へ自分のキャラクターが移動するため、体当たりしてスタート時に使用するチャンピオンを選択します。他人が選択済みのチャンピオンは選ぶことができず、早い者勝ちとなっています。

No image

最初の3ラウンドは敵ユニットを狩るフェイズです。先ほど手に入れたチャンピオンをクリックして持ち上げ、配置したい場所に持って行って再度クリックして配置します。

No image

チャンピオンは自動で通常攻撃を行い、通常攻撃を行うことでマナを獲得していきます。マナが最大値に到達するとそれぞれのチャンピオン固有のスキルが発動し、強力な攻撃を行うことができます。チャンピオンを右クリックすると詳細なステータスが確認でき、左下のアイコンにカーソルを合わせるとそのチャンピオンがどのようなスキルを持っているのかが表示されます。

No image

また、それぞれのチャンピオンは2つから3つのクラスを持っており、チームメンバーで同じクラスをもったチャンピオンが一定以上存在する場合、特殊なボーナスを獲得可能です。例えば「ソーサラー」を持ったチャンピオンが3体以上存在する場合、全てのチームメンバーのスキルダメージが40%増加し、6体以上存在する場合は100%増加します。うまくクラスをそろえて効果を発動させていくのが勝利のポイント。

No image

敵ユニットを狩るラウンドでは敵が「?」マークのついたボックスをドロップします。ドラフトラウンドと同様に体当たりすることで回収できます。

No image

中身はアイテムもしくはお金となっています。今回は1ゴールド手に入れることができました。

No image

2ラウンド目以降は画面下部にショップが出現し、さまざまなチャンピオンが並びます。クリックすると購入でき、自分のチームを強化することができます。

No image

同じチャンピオンを3体そろえるとそのチャンピオンが星2にアップグレードされ、ステータスが強化されます。

No image

攻撃力や体力だけでなくスキルのダメージや行動妨害の時間も強化されるため、星2ユニットは非常に強力です。序盤はいかに早く星2チャンピオンを作成できるかが大切になってくるため、ひとまずショップに並んだチャンピオンは買えるだけ買っておくと良さそうです。また、同じチャンピオンの星2を3体集めることで今度は星3にアップグレード可能です。全部で同じチャンピオンを9体集める必要があるため、なかなか星3を作るのは難しいですが、もし作成できれば非常に心強い味方となってくれます。星1、星2、星3でスキルがどのように変化するかはスキル欄の右下で確認可能です。

No image

また、4ゴールドを支払うことで経験値4ポイントをもらうことができます。経験値がたまるとレベルが上がり、チームサイズの上限を増加させることが可能です。盤面にはレベルと同じ数のチャンピオンを並べることが可能なため、戦いを有利に進めることができます。

No image

ドロップしたアイテムはチャンピオンにドラッグ&ドロップすることで装備させることが可能です。アイテムは別のアイテムと合成させることが可能で、クリックを離すまでは「合成するとどんなアイテムになるか」を確認できるようになっています。素材アイテムは単に攻撃力や体力などのステータスを上昇させるだけですが、合成するとステータスに加えてさまざまな特殊効果を得ることができます。

No image

最初の3ラウンドが終わるとステージ2に入り、対人戦が始まります。

No image

対人戦の様子は以下のムービーで確認できます。

TFTの序盤戦 - YouTube

バトルに負けるてしまうと倒せなかったチャンピオンの数やレベルに応じてダメージを受け、HPが削られます。HPは100からスタートし、0になると敗退で、敗退した順番で順位が決定します。最後まで生き残れば1位というわけです。

No image

チャンピオンの購入や経験値の購入などに利用できるゴールドはラウンドごとに5ゴールドずつ入手できるほか、10ゴールドためることで利子を入手可能です。10ゴールドためると画面左側のインジケーターが点灯し、毎ラウンドで最大5ゴールドまで利子を得ることが可能。さらに連勝・連敗することで3ゴールドまでボーナスゴールドを入手可能で、1ラウンドで最大13ゴールドを入手できます。

No image

ラウンドの合間にもドラフトが入ることがあります。最初のドラフトとは異なり、現在のHPが低いプレイヤーから順番に選択していきます。あえて負けることでHPを低くし、より強力なチャンピオンをドラフトで獲得する……という戦法もありそうです。

No image

最初は1コストのチャンピオンしかショップに出現しませんが、レベルを上げることでよりコストの高い強力なチャンピオンも出現するようになります。1コストには「ナイト」を持ったチャンピオンが3体しかいませんが、レベルを上げることで3コストのナイト持ちチャンピオンを購入でき、「ナイト4体」のボーナスを受けることができました。

No image

9ラウンド目には「ゴーレム」との戦闘になります。きちんとゴーレムを倒せるだけの戦力を整えることで、アイテムやゴールドを入手可能です。

No image

「ニンジャ」クラスだけは特殊な仕様となっており、ニンジャのチャンピオンが1体のみか4体そろった時のみ効果が発動します。2体、3体のニンジャを出しても効果が発動しないため注意が必要です。他の全てのクラスは必要数以上入れても全く問題ありません。

No image

各ラウンドでショップに並んでいるチャンピオンを購入していっても、欲しいチャンピオンが来てくれない時もあります。そういう場合には2ゴールド払うことで「リロール」を行うことができ、ショップのラインナップを一新することが可能です。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Mate 30 Proを発表したファーウェイ、まさかのスマートテレビも発表!
ドコモが9月20日に5Gプレサービスを開始 5Gスマホやエリアは!?
Mate 30 ProのカメラはiPhone 11とは違う方向でヤバい
PFU、パスポートのスキャンも簡単・高速にできるイメージスキャナー「fi-800R」発売
本格派の大型空冷クーラー「ASSASSIN III」がDeepcoolから

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加