【松木安太郎】正直がっかり...まるでコンセプトが見えない、実りのない2連戦だった

【松木安太郎】正直がっかり...まるでコンセプトが見えない、実りのない2連戦だった

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/10/11
No image

11月シリーズでは、大迫(15番)や長谷部といった欧州組のコンディション調整は上手くいくはずだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

No image

堅守速攻がコンセプトだったはずなのに…。ハリルホジッチ監督は、10月シリーズのためにどんな準備をしたのだろうか。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

No image

劣勢に立ってから急に主力を投入した。ハリルホジッチ監督の困惑が手に取るように分かった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

[キリンチャレンジカップ2017]日本 3-3 ハイチ/10月10日/日産スタジアム

残念のひと言だね。最終的に3-3で引き分けたけど、内容は散々だった。まるでチームコンセプトが見えなかったよ。

ハリルホジッチ監督は「出場機会の少ない選手を起用する」と宣言して、その言葉どおりにガラッとスタメンを変えた。ただ、ハイチに勝つための戦術を選手たちに落とし込めなかったんじゃないかな。

序盤で2点を取った時は、「これは5、6点入るな」と思ったけど、そこから日本は急激に失速したよね。2点リードしているのに、相手が前に出てきたらあたふたしてしまったんだ。

2点差があれば、当然やり方もいろいろある。かさにかかって3点目を奪いに行ってもいいし、引き気味にブロックを敷いて相手を引き込み、奪ったら素早くカウンターを狙うのもありだ。

ハリルホジッチ監督はリアクションサッカーの信奉者。おそらく、ハイチ戦でも堅守速攻をコンセプトにしていたんだろうけど、ピッチ上のパフォーマンスからはまったく意思の疎通を感じなかった。「あれあれ?」と言っている間に3失点……。正直がっかりだったよ。

失点はいずれも守備の甘さが原因だよね。1失点目は中盤の戻りが遅れていたし、サイドバックの絞りも甘かった。2失点目は簡単にクロスを上げさせてしまい、3点目のミドルも寄せ切れていなかった。例えば、8月のオーストラリア戦では、あんなシーンは一度もなかったよ。

もちろん、選手にも責任はある。でも、監督経験者として言わせてもらえば、指揮官の準備不足のほうが大きかったと思うな。ハリルホジッチ監督は、「ハイチの情報は少なかった」と言っていたけど、昨日の試合はそういう次元じゃない。選手たちがまったく、ひとつの方向を向いていなかったんだから。

ハリルホジッチ監督が率いた日本代表のベストゲームは、ワールドカップ出場を決めたオーストラリア戦だと思っているんだ。あの試合では、全員がしっかりとブロックを作って守りを固め、相手に何もさせなかった。そのうえで、ミスを見逃さずにボールを奪い、一気に加速してゴールに迫っていた。 これこそ、今の日本代表のコンセプトだよ。世界で戦ううえで最も効果的だし、日本にも合っている。ポゼッションして試合を支配する戦い方を好むひとが多いかもしれないけど、過去のワールドカップの日本代表を振り返ると、好勝負を演じたのは堅守速攻を採用した監督なんだ。

ハイチ戦では、その戦い方が見れなかった。たとえ選手が変わっても、同じような戦いができなければ世界では勝てないよ。

この10月シリーズは、いわばワールドカップに向けたサバイバルの始まり。だから、選手たちのモチベーションは高かったはずだ。誰だって世界大会に出るために、必死にアピールするからね。その力をチームとしてまとめられなかった。この試合に限って言えば、ハリルホジッチ監督の手腕には疑問を持たざるを得ないな。

個人に目を向けると、倉田秋がアピールに成功したよね。彼は2試合連続ゴールを挙げた。しかも、交代出場でも、先発でも結果を残している。攻撃に推進力をもたらすプレースタイルはハリルホジッチ監督の好みに合っているし、一気に序列を上げたかもしれないね。

それに、乾貴士も相変わらず存在感を発揮していた。今回のメンバーで言えば、縦に急ぎ過ぎる攻撃に落ち着きをもたらせるのは、彼か小林祐希くらいだった。今後の試合でも面白いプレーを見せてくれそうだよ。

いずれにせよ、ワールドカップまであと8か月しかない。もうすぐそこだよね。強化試合は来月の欧州遠征と12月に国内組だけで行なわれる東アジアカップ。そして来年3月に親善試合。代表メンバーが集まれる機会は、本当に限られているんだ。今回の2連戦のように収穫の少ない試合にはしないでほしいね。

特に来月の欧州遠征は、世界のトップレベルと戦える非常に貴重な機会だ。欧州組は移動距離が短くて済むから、コンディショニングもしやすいだろう。今まで移動距離や準備期間の短さを嘆いていたハリルホジッチ監督も、今回ばかりは言い訳できない。
欧州遠征で戦うブラジルとベルギーは、明らかな格上。選手たちはいつも以上に気を引き締めて挑むはずだ。実りの少なかった10月シリーズの2試合を終えて、監督も選手も胸につかえているものがあると思う。その想いをぶつけてほしい。

もちろん、いくら守備を固めても、ブラジルは上手く崩してくるチーム。そこで、いかに粘り強く対応できるか。ある意味で、本大会での出来を占う試合になるだろうね。

【PHOTO】日本×ハイチ戦の美女サポーターたち❤

【日本代表PHOTO】2点を先行も崩壊し、ハイチと引き分けるのが精一杯…

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
相手のミス逃さなかった前橋商FW大橋、GKかわして同点ゴール!(5枚)
人体の弱点をつく。風間理論による解決策。身体能力に左右されずゴールを奪う方法
伝統校・前橋商飛躍のカギ握る右サイド、SB高橋主将&MF中島(4枚)
PK戦勝利の前橋商、準決勝は前橋育英とのライバル対決に:群馬(10枚)
なでしこ岩渕から若手へ“海外進出の勧め”スイス戦から一夜
  • このエントリーをはてなブックマークに追加