藤井四段 竜王戦勝利で今年初白星...羽生竜王は「大きな目標」

藤井四段 竜王戦勝利で今年初白星...羽生竜王は「大きな目標」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/11
No image

中田功七段と対局を行った藤井聡太四段(左)=関西将棋会館

中学3年生の最年少棋士・藤井聡太四段(15)が11日、関西将棋会館で行われた竜王戦5組ランキング戦で中田功七段(50)を80手で下し、2018年初勝利を飾った。

6日の対局では敗北を喫しており「これでスタートが切れたかなという感じ。良い1年になるよう頑張っていきたい」と喜びを語った。通算成績を56勝11敗とした。

前期の竜王戦では本戦まで勝ち進んだが本戦2回戦で佐々木勇気六段(23)に敗北。デビュー後、初めての敗北で連勝記録が29で途切れていた。

今期の竜王戦はこの日が初戦で、勝ち進むと羽生善治竜王(47)とタイトルを争うことになる。藤井四段は「プロになった以上は(羽生竜王は)大きな目標であり、少しでも近づけるようにと思っています」と話した。その上で「一局一局の積み重ねなので、それ(羽生竜王との対局)を意識することなく目の前の一局に集中して指していきたい」と意気込みを語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大幅戦力入れ替えの鍵を握る新外国人4選手...2018年日本ハムの助っ人陣容
内川、福浦が迫る2000安打 過去に達成者を最も世に送り出した球団は?
入団確実視...松坂大輔が中日に与える計り知れない影響
日本ハム清宮、右手親指の負傷「大したことない」
競泳選手らの授業も 五輪マスコット締切まで1カ月
  • このエントリーをはてなブックマークに追加