今週の一枚 Mrs. GREEN APPLE『Love me, Love you』

今週の一枚 Mrs. GREEN APPLE『Love me, Love you』

  • rockinon.com
  • 更新日:2018/02/13
No image

Mrs. GREEN APPLEがバレンタインデーに、2018年第1弾となるニューシングル『Love me, Love you』をリリースする。フィジカルな作品としては、昨年夏に5thシングル『WanteD! WanteD!』をリリースし、年末には配信限定で『WHOO WHOO WHOO』を発表したミセス。この2作品はダンサブルな曲で、とくに後者はEDMに振り切った曲となった。配信限定ということで、実験的な度合いや遊びの要素も強かったとは思うが、この時期の自分たちのモードをとことん濃縮した内容は、勢いもパンチ力も、バンドとしての柔軟な運動神経のよさみたいなものを感じた。ここから、どうなるんだ?ミセス。というところからの、今回の“Love me, Love you”だ。

エレクトロ感満載の近作から一転して、ピアノと、全編にわたって分厚いブラスで彩られ、サックスのソロパートまでも聞こえてくるビッグバンド的なサウンドで、ミュージカルのワンシーンを思わせるシアトリカルに愛を歌う曲となった“Love me, Love you”。もともと、エレクトリック・ライト・オーケストラクイーンなどを彷彿とさせるような、マジカルでドラマティックな曲調、メロディ、ハーモニーはミセスの(ソングライターであるフロントマン大森元貴の)得意とするところだと思うが、今回はその「得意」に意識的に飛び込んでいる。ミュージカルやミュージカル映画で、恋に落ちた主人公が突如踊り出すような、グレイッシュな世界がカラフルに色づいていくシーンにハマりそうな高揚感があって、100通りくらいのシミュレーションをしてためらうよりも、心に従えとばかりに晴れやかなメロディが舞い上がって、聴き手の背中を押す。シンプルで、すぐにでも口ずさめる内容もチアフルだ。5分弱のなかで、「愛ってなんだ」、「幸せってなんだ」という大きなドラマを描き、生の楽器と声、コーラス、その力をフルに使って、想像力に訴えて、心にエンジンをかけてくれる1曲だろう。

カップリングでは、シンガーソングライター坂口有望とピアニストKan Sanoとコラボレートした“Log (feat.坂口有望)”と、これまでライブ会場だけで披露されていたバラード曲“春愁”を音源化し収録した。この2曲は、複雑で繊細な心、自分への愛憎を慈しむように歌う。まったく別々の曲ではあるし、サウンドのタッチも違うけれど、3曲それぞれがなんとなく気配を感じながら寄り添う1枚になっているようにも思える。EDMからビッグバンドへ、と相変わらず予想もしない方にバトンを渡しているシングル。でもしっかりと、「ミセスの曲だ」というアイデンティティがある。その自分たる匙加減が絶妙なバンドだと、改めて思う。(吉羽さおり)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
上坂すみれ、池袋でピピ美のお面を引き裂く
田村ゆかり、声優・アーティスト20周年を飾るコンサートが映像化
パリピ出身者必見! イベント『ROSETTA』第二弾の開催が決定
“HITSUJI”の正体は、女優の吉田羊! JUJU、新曲「かわいそうだよね(with HITSUJI)」ティザー映像公開
NGT48、 雪の中で撮影された3rdシングルのアー写&ジャケ写公開!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加