来季38歳の燕・石川、現役続行「このままでは終わりたくない」

来季38歳の燕・石川、現役続行「このままでは終わりたくない」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/16

ヤクルト・石川雅規投手(37)が来季も現役続行の意志を固め、球団も戦力として構想に入れていることが15日、分かった。来年は38歳、プロ17年目のシーズンで巻き返しを図る。

「このままでは終わりたくない。今年は振るわなかったし、もう一度輝けるようにやりたい」

今季は苦しんだ。5年ぶり8度目の開幕投手を務め、セ・リーグ最年長記録となる、37歳2カ月での開幕戦勝利を手にするなど、序盤は好調。6月13日の楽天戦で史上46人目の2500投球回を達成するなど、ローテーションを守ってきた。

だが、5月18日の巨人戦以降は勝ち星に恵まれず、セ・リーグでは1961年の金田正一(国鉄)以来、56年ぶりとなる先発での11連敗。ここまで23試合で4勝14敗、防御率5・11と振るわず、9月12日の中日戦登板を終えてからは、2軍で調整を続けている。

「気持ちが切れて終わるのは簡単。なんとかまた神宮で勝ちたい思いは強い。けがをしても取ってくれたヤクルトで最後まで頑張りたいし、もう一度優勝をして、恩返しをしたい」

1メートル67と小柄ながら、通算勝利数は現役最多の156(151敗)。球団幹部も「(来季も)戦力として考えている」と説明した。「声援を送ってくれたファンの皆さん、一番近くで応援してくれている家族の笑顔をもう一度みたい」と石川。来季も神宮のマウンドに“小さな大エース”が立つ。

石川 雅規(いしかわ・まさのり)

1980(昭和55)年1月22日生まれ、37歳。秋田県出身。秋田商高から青学大を経て、2002年ドラフト自由枠でヤクルト入団。1年目から先発ローテーションに定着し、新人王に輝いた。08年に最優秀防御率、ゴールデングラブ賞。15年はチームトップの13勝(9敗)を挙げ、リーグ優勝に貢献した。大学時代に00年シドニー五輪出場。1メートル67、73キロ。左投げ左打ち。既婚。年俸1億8000万円。背番号19。

No image

プロ17年目のシーズンで巻き返しを図るヤクルト・石川雅規(撮影・荒木孝雄)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
TGS2017 コンパニオン100人撮り!【その3】
楽天・則本、痛恨の逆転負け 24年ぶりの4年連続200Kも「どうでもいい」
【MLB】会場は唖然、騒然...MLBで驚きの珍プレー、バントが“先頭打者弾”に
ロッテ・井口、劇的有終弾でサヨナラ勝ち!「もう思い残すことはない」
巨人、“109歳トリオ”で逆転勝ち!阿部「いいところに飛んでくれた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加