日本人初!国際体操連盟新会長に渡辺守成氏

日本人初!国際体操連盟新会長に渡辺守成氏

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/19
No image

国際体操連盟(=FIG)の会長選挙が行われ、渡辺守成氏が、日本人として初めて新会長に選ばれた。

国際体操連盟の会長選挙が都内で開かれ、冒頭には来日中のIOC、バッハ会長が挨拶を行った。今回の選挙は、20年務めた会長の後任選びで、日本体操協会の専務理事、渡辺守成氏と、ヨーロッパ体操連合会長で、フランスのジョルジュ・グルゼク氏との一騎打ちとなった。そして開票の結果、渡辺氏が大差で国際体操連盟の新会長に当選し、日本人、またアジア人として初の就任となった。

渡辺守成氏「私たちの体操は今、そしてこれからも、キングオブスポーツだ!」

オリンピック実施競技の中で、日本人の国際競技連盟の会長就任は、22年ぶりとなる。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
墜落事故生存者「死にたい」
夢は弁護士や医者...一転してサッカー選手に。ムヒタリアンの運命変えた出来事とは?
CS決勝の判定で物議...家本政明主審がSNS閉鎖「これまで多々我慢してきましたが...」
2度目のクラシコに挑むジダン。優勢の声に「この試合に有利不利は存在しない」
F1総合王者ロズベルクがフェースブックで引退表明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加