大量の人骨と血の付いた衣類「イスラム国」が殺害か

大量の人骨と血の付いた衣類「イスラム国」が殺害か

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/11/13
No image

動画を見る(元記事へ)

イラク北部で、過激派組織「イスラム国」に虐殺されたとみられる400人の遺体が発見されました。

イラク北部ハウィジャで11日、イラク軍が見つけたのは散乱した大量の人骨と血の付いた衣類でした。これらは約400人分に上り、「イスラム国」によって虐殺されたとみられています。AP通信によりますと、「イスラム国」は捕らえた市民や治安部隊の兵士をこの一帯に集めて銃撃したうえで、体に油を掛けて火を付けて殺害していたということです。油田都市キルクークの近郊に位置するハウィジャは「イスラム国」の最後の拠点の一つでしたが、先月上旬にイラク軍が制圧を宣言していました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドイツの連立交渉決裂、今後のシナリオとは
31歳のイケメン首相誕生か?オーストリアに注目せよ
ドイツ連立交渉決裂どうなる、5つのシナリオ
ウォール・ストリート・ジャーナル
【警告】「脳に届く共通のダイレクトメッセージ」に苦しむ人が急増中! 拡大する謎の現象「TI」の恐怖が妄想では済まされないレベル!
バングラで新島が続々出現、海面上昇による土地水没はこれで解決?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加