最新ランキングをチェックしよう
<コラム>世界一難しい中国の科挙試験、日本人で唯一合格したのはあの人

<コラム>世界一難しい中国の科挙試験、日本人で唯一合格したのはあの人

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2018/03/12

中国では官僚登用の制度として、1905年まで「科挙」と言う試験制度があった。その合格倍率は3000倍とも言われる。日本で司法試験が厳しいとか言われもせいぜい30倍である。写真は筆者提供。
中国では官僚登用の制度として、1905年まで「科挙」と言う試験制度があった。隋の文帝(587年)から始まり、清末期(1905年)まで1300年もの長きに渡り存在した官史任用制度である。多民族国家の言語思想を統一さ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
人気コスプレイヤー・霜月めあ 「今までで一番キワどい水着」に初挑戦
阪神選手、タクシー乗り場で「ルール違反」 ツイッター告発で球団が謝罪
東山紀之、『サンデー LIVE!!』ついにどうでもいい立ち位置に......テレ朝の期待は“ジャニーズ不祥事”だけ!?
【書評】なぜ、ドイツのメディアは日本をこんなにも嫌うのか

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加