毛糸で“ボンボン手芸” 猫好きも唸る人形作家の見事な作品

毛糸で“ボンボン手芸” 猫好きも唸る人形作家の見事な作品

  • sippo
  • 更新日:2018/01/14
No image

毛糸を巻いて作る真ん丸の“ボンボン”(ポンポン)から、犬や猫など動物の顔を作る手芸が、2年ほど前からちょっとしたブームになっていることをご存じだろうか――。毛糸のボンボン手芸といえば、丸いマスコットのような形……という常識を超えた新たな作品が登場し、一冊の本になった。

「ウチのコそっくりボンボン猫人形」(日東書院本社)だ。同書では丸いボンボンをつなぎ合わせて、猫の全身が作れる35作品を紹介。従来の難解な巻き方の必要もなく、直感的に猫の模様を刺し込んでいく方法が中心なので、初心者でも作りやすい。

No image

模様は、茶トラ、三毛、白黒、キジ白、サバ白などを始めとして、スコティッシュフォールドやロシアンブルーなど、猫種によって異なる模様や顔立ちにも対応。ポーズは「おすわり」「ねそべり」「香箱」の3種類から選べるので、自由な組み合わせで思いのままに作ることができる。

また、テレビや雑誌、SNS で大人気のスター猫「春馬」「ぐっぴー」「クリームあにき」「どんこ」など、個性的で魅力たっぷりな8匹の顔の作り方も紹介している。

No image

ボンボン猫人形の作者は、リアル猫ヘッドなど、羊毛フェルトで作られたリアルな猫人形が人気の作家・佐藤法雪さん。猫の骨格をしっかり捉えた佐藤さんの技術が、ボンボン猫人形にも生きている。

出版社の編集担当者に、同書のこだわりについて聞いた。

「佐藤法雪さんの作品は、顔つきから体のフォルムまで、デフォルメされていても『まさしく猫!』と猫好きを唸らせる作品ばかりです。本書では初心者でもチャレンジできる手法にこだわりました。ボンボンをつなげて顔や体を作るので、失敗したりポーズを変えたくなっても、つなぎ直せます。ぜひ、お気に入りのコを作ってみてください」

自分の感性や愛猫に合わせて、世界でひとつだけの“うちの子”を作ってみてはいかが?

(安田有希子)

『ウチのコそっくり ボンボン猫人形』
佐藤法雪・著
日東書院本社
B5判・96P オールカラー
1,300 円(税抜)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フジ山崎アナが自宅公開、女子アナらしくない部屋の装いに視聴者感激
「私のほうがもっと岡村さんのこと大好きっ!!」 酒井若菜、岡村隆史めぐりファンと張り合う
ハル・ベリー、“ノーパン”シースルードレスでお堅い授賞式に登場! ドレス越しの盛りマンに世界が興奮
小室哲哉「疲れ果ててしまった」 妻・KEIKOは「女性というより女の子に」
「白戸家」竹内涼真の履歴書がヤバイ 記載された番号に電話をかけたところ...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加