冠二郎「ファンに感謝の50年」年齢詐称は再反省

冠二郎「ファンに感謝の50年」年齢詐称は再反省

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/13
No image

みなこ夫人にキスをする冠二郎

演歌歌手冠二郎(73)が13日、東京・なかのZEROホールで、歌手生活50周年記念コンサートを行った。

91年にNHK紅白歌合戦に初出場した際に歌った「酒場」や新曲「ふたりの止まり木」など15曲を披露した。デビューから半世紀を歩んできた道のりを、約350人のファンとかみしめた。

開演前の会見では「ファンに感謝の50年です。デビュー当時は、こんなに歌い続けられるなんて夢にも思っていなかった。だから、5歳もさばを読んで…」。15年に発覚した年齢詐称をあらためて反省した。しかし、話題になったことで仕事の量が3倍になり、多忙になったイベントの手伝いに来ていた、みなこ夫人(42)と運命の出会いをすることができた。

「71歳と9カ月で結婚して約1年半。今もお風呂に一緒に入るし、寝る時は手をつないでいる。一緒になるために生まれてきたという宿命を感じています」とのろけた。さらに「何をするにも一緒。独身の時はサウナに行ったけど、今は2人でスーパー銭湯。自由はなくなりましたね」と満面の笑みを見せた。

結婚当初、夫人は歯科衛生士だったが、今はスタッフとして夫の仕事を支えている。この日は「(夫には)歌うことに集中してほしいけれど、私にすごく優しくて…。自分のことよりも人のことばかり優先している人。尊敬しています」とべたぼれだった。

冠は今後の抱負について「50周年は通過点。これからもしっかりと歌い続けて、後世に足跡を残したい。嫁と力を合わせて頑張ります」と新妻との二人三脚を誓った。

子どもについては、冠が「授かりものなので、自然に任せます」と淡々と説明する横で、みなこ夫人は「頑張っているんです」と力を込めた。

この日は、カラオケ大会も行った。新曲「ふたりの止まり木」の歌唱部門では三重県の伊藤裕之さん(51)が優勝し、ヒット曲「酒場」の歌唱部門では横浜市の佐藤かつよしさん(65)がグランプリに輝いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
安室奈美恵がテレビに出なくなった理由
みちょぱ、美人母と「ぐるナイ」ゴチバトルでピタリ賞 100万円獲得
ビートたけしの“子ども”がラブドールを相手にガチSEXしていた
安室奈美恵“子離れ”できず「お前うぜえよ」
二階堂ふみ 「ぐるナイゴチ」涙の卒業...「お芝居の方に集中」、メンバーびっくり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加