本田望結、女優とフィギュア「嫌いになったら両方辞める」と決意

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/19
No image

JR大阪駅前のアイスリンクで滑走イベントを行った本田望結=大阪・うめきた広場

女優でフィギュアスケート選手の本田望結(13)が17日、JR大阪駅前に開設されたアイスリンク「つるんつるん」で滑走イベントを行い、本格的なフィギュア演技を披露した。

女優とフィギュアを両立している本田は「私はお芝居もスケートも大好きなので、中途半端にならないよう、あきらめずに続けていきます。もし、どちらかを嫌いになったら、片方だけにすることは絶対にないと思います。どちらかを嫌いになったら、両方やめると最初から決めています」と決意を語った。

姉の本田真凜(16)が来年の平昌五輪出場を目指していることについては「ぜひ出場してもらいたいです。私は姉として以上に、本田真凜という選手が滑っているのが大好きなので、どのような結果になっても、ファンとして応援していきたいです」と笑顔でエール。

自身の将来の五輪出場について聞かれると「私はまだ五輪に出たいと言えるような選手じゃないので、そう言えるように練習を続けていきたいです」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【小塚崇彦のフィギュアスケート・ラボ2017】
日本一のジャンプの町に生まれた女子ジャンパーの挑戦
羽生結弦「腱と骨にも炎症」練習の再開時期は未定
羽生結弦 氷上練習再開へ 調整期間1週間 厳しい状況も...全日本出場あきらめない
羽生、腱と骨にも炎症...五輪不安「練習再開は決まっていません」/フィギュア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加