スギちゃん“一発屋芸人”のリアルエピソードが物悲しい「年末年始、テレビ観放題。」

スギちゃん“一発屋芸人”のリアルエピソードが物悲しい「年末年始、テレビ観放題。」

  • Techinsight
  • 更新日:2017/12/07
No image

今年も「2017ユーキャン新語・流行語大賞」が発表された。年間大賞に選ばれたのは「インスタ映え」と「忖度(そんたく)」であり、今年大ブレイクしたお笑い芸人・ブルゾンちえみの「35億」はトップテンに選ばれたものの大賞には至らなかった。しかし2012年に年間大賞を見事獲得したお笑い芸人がいる。デニムのノースリーブと短パンを着用し「ワイルドだろぉ」のキメ台詞で一世風靡したスギちゃんだ。時は流れて「一発屋」と呼ばれるようになったスギちゃんの物悲しいエピソードが、何本もの動画とポスターで公開されている。

No image

動画でマネージャーとやりとりするスギちゃん

12月4日から10日までサラリーマンの駅としてお馴染みのJR新橋駅烏森口にスギちゃんが登場するポスターが10パターン掲示される。これは胃腸薬「ガスター10」の広告で、スギちゃんは「胃酸、出スギちゃん」として起用され、思わず胃が痛くなるようなリアルなエピソードがキャッチコピーとなっている。たとえば、無情な時の流れを感じる「流行語大賞からもう5年。」、年末に仕事があまりないことを示した「仕事納めが人より早い。」、芸人の稼ぎ時と言われる年末年始に予定がないことを表現した「年末年始、テレビ観放題。」などで、自虐的なフレーズばかりだ。これが横一列にずらっと貼られているので、師走で忙しい仕事帰りのサラリーマンも思わず見入ってしまいそうだ。

WEB限定ショートムービー「『胃酸、出スギちゃん』のストレスDays」シリーズ(https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_gaster10/isan-de-sugichan/)も公開中で、動画はすべて、一発屋芸人スギちゃんの「日常で胃が痛くなるリアルエピソード」を切り取ったもの。スギちゃんとカメラマンやマネージャーとのやりとりや、タクシー、居酒屋、カフェなどでの出来事を短い動画で視聴することができる。

その中の「café篇 vol.1『スギちゃんのインスタ映え』」では、カフェでスギちゃんの隣のテーブルに若い女性2人が座る。「スギちゃん、スギちゃん」と気づいた2人は「写真撮っちゃう?」とコソコソ話すものの、「スギちゃんはインスタ映えしないでしょ」とバッサリ。「インスタ映え」が今年の年間大賞の流行語だというのも皮肉だ。また、「マネージャー篇 vol.1『ちなみに昨日のスケジュール篇』」では、昨日こなした仕事を「4つ」と見栄を張るスギちゃんに、マネージャーが「ゼロです」とキッパリ言い放つ。他にもタクシー運転手に新ネタを披露したり、逆に運転手からネタを提案されるなどスギちゃんの日常を垣間見るような切ない内容だ。動画は12月11日にも新しいものが公開され、全部で30本になる予定だ。

「一発屋芸人」と言うとマイナスなイメージがあるが、実は全盛期と収入が変わらない芸人もいると聞く。スギちゃんも一発当てたからこそ、今回の広告の起用につながったわけで、これからも芸能界の荒波を泳いでいくのではないだろうか。

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
長澤まさみ、女性誌表紙で谷間あらわなセクシーショット
「元SMAP6人と飯島氏!?」新しい地図、映画『クソ野郎と美しき世界』デザインが波紋
高橋ジョージ“雪解け”期待...元妻・三船美佳が4年ぶり“帰宅”
滝沢カレン、Hey! Say! JUMP有岡大貴に話題の“四字熟語あだ名”命名「的を得すぎ」「天才」と反響多数でトレンド入り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加