日本ハム近藤2年ぶり捕手も、打たないと出られない

日本ハム近藤2年ぶり捕手も、打たないと出られない

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/14
No image

日本ハム紅白戦 3回表、近藤は左越え適時二塁打を放つ。捕手清水(撮影・松本俊)

日本ハム近藤が2年ぶりに実戦で捕手を務めた。12日(日本時間13日)、紅白戦で紅組の「3番捕手」としてスタメン出場。16年以来のマスクに「1イニングだけでしたけど久々の感覚」と、捕手としての本能を呼び起こした。

2二塁打でシュアな打撃も健在。「打たないと出られないので」と捕手再挑戦と並行し、打撃もレベルアップを目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本ハムD1・清宮、羽生から刺激「超一流の人は違う」
中日・松坂が居残り練習「オープン戦は3回。ナゴヤドームで投げたい」
都立新宿高等学校(東京)
高校野球ドットコム
ヤクルト・青木“感性優先”で初実戦へ「感じたままにプレーしたい」
藤沢五月、快勝も切り替え「やるべきことに集中」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加