[関西U-16~Groeien~]反省の試合展開も、東海大大阪仰星が三度神戸弘陵を突き放して逆転全国へ前進

[関西U-16~Groeien~]反省の試合展開も、東海大大阪仰星が三度神戸弘陵を突き放して逆転全国へ前進

  • ゲキサカ
  • 更新日:2019/08/23
No image

[8.22 関西U-16~Groeien~G1第8節 神戸弘陵高 2-4 東海大大阪仰星高 伊勢フットボールセンター]

関西地域のU-16の年代において長期にわたるリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図る「関西U-16~Groeien~2019」G1リーグ第8節が22日に行われ、神戸弘陵高(兵庫)対東海大大阪仰星高(大阪)戦は東海大仰星が4-2で打ち勝った。

2年前の全国出場チームである5位・神戸弘陵と、昇格1年目で全国出場争いを繰り広げている3位・東海大仰星との一戦は東海大仰星が制した。

勝った東海大仰星だが、自分たちの試合ができた訳ではなかったという。前半は最前線で力強くボールを収める神戸弘陵FW松隈弘樹に押し下げられ、その松隈やFW竹内悠真にシュートを打ち込まれた。

東海大仰星は球際で強度のある守りを継続。セカンドボールを拾ってMF松名大輝やMF安藤宗がサイドへ展開する。そして、MF門田悠汰らによるサイドからの連動した崩しや相手の背後を狙った攻撃を見せていたが、神戸弘陵は守備範囲の広いGK齊藤雄介やCB鳥羽悠生が対応して得点を許さない。

一方、186cmの大型GK宮本竣哉がゴールを守る東海大仰星も得点を許さず、試合は後半へ。ここからゲームは激しく動いた。12分にCB西田京介のゴールで東海大仰星が先制したが、神戸弘陵は4分後にMF田中祉同が同点ゴール。東海大仰星は20分にFW中務隼が勝ち越し点を決めたものの、その3分後に神戸弘陵MF松久保翔に同点弾を献上してしまう。

東海大仰星の松名は「2点目何とか獲ってまた獲られてしまった。自分たちが点獲ったあとに緩んでしまってそこが一番の課題だと思います」と首を振る。それでも高さのあるボランチ、松名を前線に上げて三度勝ち越し点を目指した東海大仰星は37分にFW沖秀大が決めて3-2。試合終了間際にも松名が右サイドから右足で決めて神戸弘陵を振り切った。

東海大仰星は23日の最終節で2位・興國高と直接対決。勝てば2位以内と全国ルーキーリーグ交流大会進出が決まる。

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク

関西U-16~Groeien~2019特集ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドリブラーから華麗に変身。38歳・松井大輔がボランチで新境地
[クラブユース選手権U-18:GL第3節]長崎が大奮闘も...ドローに持ち込んだC大阪が決勝Tへ(16枚)
【ACL展望】浦和×上海上港|1-1以下の引き分けで突破決定も...興梠は警鐘を鳴らす
鹿島FW相馬「勝たせる1ピースに」初ACLに照準
今季リーグ初先発の川崎F新井、7戦ぶり勝利へ示した「今、チームに足りないもの」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加