聖心ウルスラ学園夏1勝!戸郷毎回11K「大きい」

聖心ウルスラ学園夏1勝!戸郷毎回11K「大きい」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/10
No image

聖心ウルスラ学園対早稲田佐賀 最後の打者を三振に仕留め、ほえる聖心ウルスラ学園・戸郷翔征(撮影・前田充)

<全国高校野球選手権:聖心ウルスラ学園5-2早稲田佐賀>◇10日◇1回戦

聖心ウルスラ学園(宮崎)が初出場の早稲田佐賀に快勝した。

最速143キロのスリークオーター右腕、先発の戸郷翔征(とごう・しょうせい)投手(2年)が、12年ぶり2度目の出場で初勝利に導いた。

8安打を浴びたが、この日の最速141キロ直球と決め球のスライダーを軸に毎回の11奪三振の力投で2失点(自責1)完投。4回まで無安打でノーヒットノーランも意識したという快投だった。

今春からエースの戸郷は「甲子園1勝を目標にやってきました。(初勝利は)大きいです」と声を弾ませた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
花咲徳栄3年連続16強、次戦は前橋育英と関東対決
高校野球に漂う昭和の香り
聖光学院、校歌中に「恋人つなぎ」 野球部OBにワケを聞いた
智弁和歌山・高嶋監督「智弁の名が廃る」 大阪桐蔭へリベンジ誓った
骨折でスタンド応援・藤本選手 「最高の3年間だった」 悔しさを喜びに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加