【オリンピック選手村で珍事】コックさんが卵を1500個注文 → Googleの翻訳エラーで15000個も届いちゃった!

【オリンピック選手村で珍事】コックさんが卵を1500個注文 → Googleの翻訳エラーで15000個も届いちゃった!

  • Pouch
  • 更新日:2018/02/13

海外の言葉を訳したいとき、とっても便利なGoogle翻訳。けれどもヘンテコな翻訳になってしまい、意味が全然わからないこともありますよね。そして、ときにはとんでもない事件を起こすことも?

平昌で開催中の冬季オリンピックのために現地入りした、ノルウェーのオリンピックチームを支えるシェフが卵を注文したところ、とてつもない量の卵が届けられたそう。その数なんと、15000個です! これいったい、何人分のオムレツができるんでしょうか?

【グーグルの翻訳ミス…1500 →15000に】

ノルウェーのメディア「Trønder-Avisa」が2月4日に投稿したツイッターを見ると、たくさんの卵と一緒に記念写真をとるシェフたちの姿が。

コメントによれば、ノルウェー選手団のシェフが発注した卵の数は1500個。ところが注文に使った「Google翻訳」のエラーのためなのか、卵がなぜか15000個も届いたそうです。

しかし画像を見る限りでは、シェフの皆さん、そろってなぜか楽しそう。コメントには「私たちは幸運を祈ります」と書かれています。もしかして、これは金(メダル)を呼ぶ卵だったりして?

この珍しい事件に、Twitterには「数字の翻訳を間違えるなんて」「早すぎるイースターエッグ?」など、さまざまなコメントが世界中から寄せられています。

【13500個は無事に返品】

この後、15000個の卵がどうなったかというと、超過分の13500個は無事に返品できたそうです。無駄にならなくて、本当によかった!

まだ始まったばかりの冬季オリンピックでの、思いもよらないハプニング。各国の選手たちをサポートするために、世界中のシェフが集まっているんですね。選手の皆さんが、美味しい食事で栄養をつけられますように!

参照元:Twitter @tronderavisaMashable
執筆=はちやまみどり(c)Pouch

▼金の卵が届いたかもね!

No image

OL-leiren bestilte 1500 egg gjennom å oversette via Google Translate. Men det slo feil. 15.000 ble levert på døra. Vi ønsker lykke til og håper at de norske gullhåpene er glade – veldig glade – i egg:
— Trønder-Avisa (@tronderavisa)
February 3, 2018
from Twitter

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ネタカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
集合恐怖症にはシンドイ?「おっぱい雲」アルゼンチンに出現
炎属性なのかよ?高熱で流れる鉱石を素手でぶった切る男性(アルマニア)
「好きな方を選んでお食べ!」という選択を誤ってしまった犬の表情が切ない
超怖ぇえ!川村エミコ謎のじわじわくる動画を公開し話題に
宮原知子ぬいぐるみ、ネット上で「かわいい」と話題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加