JAL、燃油サーチャージを同額で継続 6月・7月発券分

JAL、燃油サーチャージを同額で継続 6月・7月発券分

  • Traicy
  • 更新日:2018/04/17
No image

日本航空(JAL)は、国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を6月と7月発券分も同額で継続する。

航空燃料のシンガポールケロシンの市況価格の2ヶ月間の平均を、2ヶ月間の為替レート平均で円換算した際の金額に応じて燃油サーチャージの徴収すると定めており、2017年1月から2018年2月のシンガポールケロシンの市況価格は平均79.58米ドル、1米ドル106.86円だったため、円貨換算額は8,504円となった。

日本発旅程ではいずれも片道あたり、韓国・極東ロシア線は500円、中国・台湾・香港線は2,500円、グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム線は3,000円、タイ・シンガポール・マレーシア線は4,500円、インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ線は6,000円、ハワイを除く北米・ヨーロッパ・中東・オセアニア線は10,500円となる。

■燃油サーチャージ額(2018年2月〜7月/日本発旅程・片道)

北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア 10,500円

インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 6,000円

タイ・シンガポール・マレーシア 4,500円

グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 3,000円

中国・香港・台湾 2,500円

韓国・極東ロシア 500円

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「中国人なら死刑だぞ」中国当局に捕まった私が生還できた理由
日本人をあざ笑う中国人「脱法ビジネス」を殲滅せよ(2)「闇民泊」が中国人旅行者の定宿に
中国人団体客が消えた韓国・済州島の現状=韓国ネット「日本や東南アジアに行った方がマシ」「量より質が高まりますように」
「中国人の名前って...」明石家さんまの勘違いを愛ちゃんが説明、中国ネットで話題に
台湾人に大人気のドイツの「China Oil」、でもドイツ人に人気なのは台湾で普通に売っているあれだった―中国メディア

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加