森保ジャパン、板倉が劇的決勝弾! “ラッキーボーイ”の2戦連発でグループリーグ突破

森保ジャパン、板倉が劇的決勝弾! “ラッキーボーイ”の2戦連発でグループリーグ突破

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/01/14
No image

タイ戦はスタメンを4人変更して挑むも、チャンスをものにできず前半はスコアレス

森保一監督が率いるU21日本代表は13日、中国の江陰スタジアムで行われたAFC U-23選手権の第2戦でU-23タイ代表と対戦。試合終了間際に板倉滉(仙台)の劇的決勝弾で1-0と勝利し、2連勝でグループリーグ突破を決めた。

初戦を1-0と勝利して第2戦に臨んだ日本はGKに小島亨介(早稲田大)が入り、3バックの最終ラインには初先発となる原輝綺(新潟)、立田悠悟(清水)、板倉滉(仙台)が並んだ。また中盤は右WBに藤谷壮(神戸)、左WBに遠藤渓太(横浜FM)が入り、神谷優太(愛媛)と井上潮音(東京V)がダブルボランチを形成。最前線には第1戦で途中出場を果たした田川亨介(鳥栖)を据え、右に高木彰人(G大阪)、左に岩崎悠人(京都)が配置された。

初戦のU-23パレスチナ戦に続き厳しい寒さのなかで行われた一戦は、日本が序盤からボールを支配し、攻め込んでいく展開が続く。前半5分に左サイドで受けた遠藤が中央へのカットインからファーストシュートを放つと、同13分には井上のスルーパスに抜け出した田川が左足のシュートを狙ったが、これは惜しくもゴール左に外れた。セットプレーからもチャンスを創出する日本は、同15分に立田が、同17分には板倉がゴールを狙うも、GKのセーブに遭った。

前半最大のチャンスは同22分、右から中央へカットインした髙木がシュート性のボールをゴール前に入れると、これをフリーでトラップした田川が至近距離から右足のシュート。しかし、これはミートすることができず、ゴール上に外れてしまった。その後は守備を固めたタイに対してチャンスらしいチャンスを作り出せぬまま、前半をスコアレスドローで折り返した。

試合終了間際に板倉が押し込んで劇的勝利

両軍とも交代なく入った後半は、前半と変わらず日本がボールを保持しながら押し込むも、なかなかチャンスが訪れない。後半16分には井上のパスを受けた遠藤がラストパスを送り、田川がゴールネットを揺らすも、オフサイドでノーゴール判定。攻撃面の活性化を図りたい森保監督は、後半18分に岩崎に代えて森島司(サンフレッチェ広島)、同28分には高木に代えて旗手怜央(順天堂大)を投入して、均衡を破るために攻撃的な采配を振るった。

すると、最後にドラマが待っていた。同45分、CKの流れから右サイドでボールを拾った井上がクロスを上げる。これをファーサイドで田川が折り返すと、中央で待っていた板倉が押し込み、ついに均衡が破れた。2戦連発の“ラッキーボーイ”の活躍で、日本はグループBで唯一の2連勝を果たし、グループリーグ突破を決めた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
横浜FMの新たな翼。アン・ジョンファンに憧れる韓国代表MFユン・イルロクとは何者か
第2の香川育てる!G大阪・クルピ新監督「同じことをできれば」
G大阪 クルピ新監督来日 第2の香川育成へ「同じこと起これば良い」
J1復帰の湘南ベルマーレ監督と清宮パパの意外な友情の絆
カヌー薬物事件 鈴木康大選手を暴走させた“家族の重圧”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加