ANA、国際線燃油サーチャージを10月と11月発券分も同額で継続

ANA、国際線燃油サーチャージを10月と11月発券分も同額で継続

  • Traicy
  • 更新日:2017/08/10
No image

全日空(ANA)は、国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を10月と11月発券分も同額で継続する。

航空燃料のシンガポールケロシンの市況価格の2ヶ月間の平均を、2ヶ月間の為替レート平均で円換算した際の金額に応じて燃油サーチャージの徴収すると定めており、6月から7月のシンガポールケロシンの市況価格は平均58.5米ドル、1米ドル111.63円だったため、円貨換算額は6,530円となった。

日本発旅程ではいずれも片道あたり、韓国線は200円、中国・台湾・香港・マカオ線は500円、ベトナム・フィリピン・グアム・サイパン線は1,000円、タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア線は1,500円、インドネシア・インド・ハワイ線は2,000円、ハワイを除く北米・ヨーロッパ・中東・オセアニア線は3,500円となる。

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「化け物」ゾゾタウン、「とにかく買わせる」仕掛けの秘密...有名ブランドも大挙して出店
シャープ、人材が「もぬけの殻状態」...日本電産が容赦なく大量の技術者を引き抜き
好きなだけ有給がもらえる!?海外で増えつつある「無制限休暇」制度の実態
野田総務大臣、携帯大手キャリアに料金値下げを求める意向「まだ値下げは可能」
国内外の「編む」が集合! 編んで生まれたプロダクトの展示販売、銀座で開催中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加